電子レンジの重さと寸法はどのぐらい?

スポンサードリンク

電子レンジは庫内のスペースを確保しないといけないのでどうしても寸法が大きくなりがちですが、メーカーの努力で少しずつ小さくなってきています。

限られたキッチンスペースではやはりコンパクトなほうが良いもの。

今回は電子レンジの寸法と重さについてちょっとチェックしてみたいと思います。

チェックの基準は容量ごと。当然容量が大きいほうがサイズが大きくなりますし重量も増えますので容量ごとにチェックしてみたいと思います。

30L・31Lモデル

30Lか31Lのモデル各メーカーの物をピックアップしてみます。

メーカー・モデル名重さ寸法(幅×高さ×奥行きmm)
パナソニック
3つ星 ビストロ NE-BS1600
19.6kg494x370x435(ハンドル含む486)
東芝
石窯ドーム ER-SD7000
21kg498x396x399(取っ手含む442)
シャープ
ヘルシオ AX-XW500
25kg490×420(蒸気ダクト部含む)x430(ハンドル含む490)
日立
ヘルシーシェフ MRO-VW1
17.5kg497x375x奥行き449(ハンドル含む:484)

4機種ですがピックアップしてみました。

同じメーカーでも機種によって重さが違ったりするのですが、日立は軽い印象です。東芝も表にはありませんが石窯ドーム ER-SD100なら17kg。

寸法に関しては幅は各メーカーそんなに違いがありませんね。高さに関してはパナソニックと日立がコンパクトな印象です。

奥行きは東芝だけが唯一400mmを切っていているので奥行きを考慮するなら東芝をメインに他のメーカーと比較するのがいいかもしれません。

東芝は奥行きがコンパクトな印象。

26Lモデル

26Lモデル。

メーカー・モデル名重さ寸法(幅×高さ×奥行きmm)
パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS65515.7kg 500x347x400(ハンドルなど含む449)
東芝 石窯ドーム ER-SD20016kg480x350x395(取っ手含む432)
シャープ ヘルシオ AX-AW50021kg490×385(蒸気ダクト部含む)x435(ハンドル含む495)

26Lモデルでもシャープは21kgと重さは同じなようです。他は軽くなっている傾向。

寸法はやはり庫内の容量が少なくなっている分ややコンパクトになっています。パナソニックの3つ星ビストロは高さ347mmとコンパクト。

シャープのヘルシオ AX-AW500は重量があるが自動でちょうりしてくれる「まかせて」調理機能が魅力。

23Lモデル

メーカー・モデル名重さ寸法(幅×高さ×奥行きmm)
シャープ RE-SS8X13kg500x345x380(ハンドル含む430)
パナソニック エレック NE-MS23512.6kg483x310x396(ハンドル含む439)
東芝 石窯オーブン ER-R613kg480x325x390(取っ手含む432)

このクラスになると重量がだいぶ軽くなります。12~13kgが平均なようです。

容量が減ったわりに幅はそれほどコンパクトになっていませんが、高さや奥行きはずいぶんとコンパクトになっている印象です。

パナソニックNE-MS235は操作パネルが横に配置されているせいか高さがコンパクト。

15~18Lモデル

このあたりは1人暮らし用モデルでしょうか。

メーカー・モデル名重さ寸法(幅×高さ×奥行きmm)
シャープ RE-F18A 18L
11kg485x305x375(ハンドル含む415)
シャープ ヘルシオ AX-CA45017kg490×345(蒸気ダクト部含む)x400(ハンドル含む450)
パナソニック エレック NE-T15A2 15L10kg455x293x352←ハンドルなど含む
東芝 ER-S18 18L12kg485x302x376(ハンドル含む410)
アイリスオーヤマ MO-TJ113.5kg461x293x329←ハンドル等突出部を除く
ハイアール JM-V16D 16L13.5kg461x293x328(取っ手含360)

シャープは2機種を比較してみました。同じメーカーでも過熱水蒸気機能のあるモデルとそうでないモデルは構造上サイズや重さにけっこう違いが出てきます。

寸法は幅はそれほど変わりありませんが、高さや奥行きはかなりコンパクトになりますね。アイリスオーヤマとハイアールのモデルは高さと奥行きが非常にコンパクトなのが目につきます。

意外なことに23Lモデルと重さはそんなに変わりがありません。パナソニックが軽量なのが目につきます。

アイリスオーヤマのオーブンレンジは非常にコンパクト。

8L

シャープからは非常にコンパクトな容量8Lのモデルも登場しているので参考までに。

重さ13kg・幅470x高さ295(水タンク含まず280)x奥行405(ハンドル含む450)mmと容量が少なくなったわりに大きさはそこそこありますが、過熱水蒸気の機能が搭載されています。

幅はそんなに変わらない

傾向としては容量が少なくなっても幅はあまりコンパクトにならないようです。高さと奥行きはけっこうコンパクトになりますね。

また、同じ容量でも過熱水蒸気機能を搭載するなど機能が充実しているモデルは重量が重くなったり寸法が大きくなったりする傾向にあるようです。


スポンサードリンク
2019年4月8日 電子レンジの重さと寸法はどのぐらい? はコメントを受け付けていません。 電子レンジコラム