東芝 石窯ドーム ER-SD7000の口コミ 高火力で過熱水蒸気も魅力

スポンサードリンク


約5分間ですが最大温度350℃と高温で焼き上げるオーブン機能が特徴の東芝ER-SD7000。パンづくりやお菓子づくりにも活躍してくれそうですが実力の程はどんなものでしょうか。

口コミをご紹介します。

高火力で水分も逃さないから美味しい

4人家族です。共働きなので夕食はお惣菜を温めて食べることが多いです。週末は手の込んだ料理もするので、温めてもおいしく出来るプラス本格的な料理ができるオーブンレンジを探していました。趣味の一環で自宅でパンを焼くこともあるのでそれなりの性能が必要でした。

ER-SD7000は石窯ドーム式を採用しているので本格的な料理ができます。最初は高いので迷いましたが、店員さんの説明を聞いて納得することができました。

30Lと余裕の容量

サイズは30 Lあるので4人家族なら十分すぎるぐらいです。二段にもできるのでぐるでグリル調理を編みを使って2段でしたりすることができます。朝も食パンを一気に4マイぐらい焼くことができるので順番待ちがありません。

お惣菜を温めてもパサパサにならない

大きい分ムラが生じるのではないか心配でしたが、火力は350度と他のオーブン電子レンジに比べ高いです。また石窯のような状態になっている、保湿機能があるためムラなく水分を保ったまま温めることができます。

例えばお惣菜で唐揚げをよく買うのですが、前の電子レンジだとフニャフニャになったりやりすぎるとパサパサになったりして火力調節が大変でした。電子レンジを変えてからこのような悩みがなくなりました。

過熱水蒸気調理ができるのがとても便利です。潤いを保ちつつ調理してくれるので温め直してもできたてに近い味を楽しむことができます。またセンサーが効率よく温める方法を勝手に計算してくれるので途中で位置を変えたりする必要もないので楽です。

パン焼きがとっても良い

実際にパンを作ってみましたがとても良かったです。発酵から焼き上がりまでほとんどのプロセスを電子レンジに任せることが出来ました。

普段は発酵のために時間をかけて日当たりの良いところにラップをするなどしていましたが、この電子レンジなら短時間でできました。1~2時間放置していたものが数十分で出来るようになったので大分楽になりました。さらに温度調節もセンサーがしてくれるので角だけ焦げるなどのトラブルもなくなりました。

脱臭機能や発酵させる機能も付いているので色々な料理を作ることができます。

操作ボタンはわりとシンプル

ボタンは最近の電子レンジのような大画面のタッチパネルや音声機能はついていませんが、シンプルなレイアウトで使いやすいです。逆にごちゃごちゃしていると邪魔なのでこれくらいがちょうど良いです。

ハイエンドモデルなのでスマホとの連携とかもあっても良いのではないかと思いますが、この商品の付加価値は調理のバリエーションやオプションの豊富さよりも火力にあります。なのでIoT家具に興味がある方には物足りないかも知れません。

お手入れも特に問題なし

脱臭機能や自動で軽い掃除をしてくれる機能もあるのでなかは軽く拭き取るぐらいで大丈夫です。グラタンのチーズがこぼれても水を含ませた布で拭けば普通に取れました。

若干ドアが硬いので力の弱い方だと指を軽く引っ掛けるだけでは開かないかも知れません。普通に指3本以上で取っ手を握れば問題なく開け閉めすることができるので大きなデメリットではありません。

魚焼きはちょっとジューシーさが足りない

魚も焼いてみましたが魚に関してはフィッシュグリルを使った方が良いです。程度な焦げ目やジューシーさが少し物足りなかったです。

例外としてホイル焼きはオーブンレンジの方が美味しくできました。30Lタイプなのでスペースはそれなりに取ります。大体幅50、縦40、奥行40ぐらいはあるのであらかじめ置く場所の確保が必要です。

火力が強いので長時間使っていると少し熱くなります。なのでオーブンレンジの下の部分に熱が逃げるスペースを作った方が無難かも知れません。

基本的には普通のオーブンレンジと使い方は変わりませんが、本格的な料理もできるハイエンド機種です。火力が高いので電気代が心配でしたが、省エネ仕様なので以前のオーブンレンジとそこまで変わりませんでした。個人的には5段階評価で4程度です。

兵庫県 太郎

やはり魅力は火力か

やはり火力が高いのがこのオーブンレンジの魅力のようです。

しかし価格が高いのがネック。本当に必要かどうかは見極める必要があります。パン焼きメインで高性能を求めるなら東芝のオーブンレンジはまず候補に入るところですが・・・オーブンレンジを使う環境をよく考えてみることが大切です。


スポンサードリンク