日立 MRO-SS8/MROSS8の口コミ 過熱水蒸気の唐揚げは好みが分かれる


トリプル重量スキャナーを搭載している点が他社と違う日立のオーブンレンジ。

日立 MRO-SS8もその1台ですがどんな使い心地なのでしょうか。口コミをご紹介します。

過熱水蒸気オーブンに買い替えました

今まで無印良品のオーブンレンジ使っていたのですが、結婚を機にレパートリーを増やすためにちょっといいオーブンに買い替えようと電気店に行き、いろいろ見比べました。

 

選んだポイントは数年前から話題になっている水蒸気のオーブンレンジであるという点でした。夫が健康に気を使うタイプの人なので、できれば油で揚げないからあげを食べたいという希望がありました。またこの機種は水蒸気を使わない調理もできるという点も気にいったポイントです。大きさはちょっと大きすぎるかなと思ったのですが、店員さんオススメだったので決めました。

 

まず作ったのはからあげ。しかしこれはなんとも言えないものが出来上がってしまいました。からっとならない感じでしょうか。やっぱり油で揚げたほうが美味しいという結論でした。

よく使うのが冷凍ご飯のあたためです。しかし設定されている中の仕上がり調節では、毎回少し冷たいところがほんの少し残ります。なのであたためを20秒ほど追加します。

 

あと野菜の加熱。ほうれん草を鍋でゆでると、私はいつもベストな茹で加減がわからないので、番号で設定して調理してくれる機能がとても助かってます。気軽にほうれん草のおひたし作れるようになりました。ただひとつ残念なのが、その設定されている番号74番を設定するとき。番号設定の時、オートボタンを押してくと1、 33 、46 、52 、60と番号飛ばせるものの、最後のほうの番号なので毎回手間がかかります。

 

パンを作るのが好きなので発酵機能も使ってみました。給水タンクに水を入れて発酵させるのですが、1度霧吹きをかけずにセットしてみたら生地が乾いてしまったので、次からは霧吹きで水をかけてから発酵機能を使うようにしました。

 

オーブンレンジの容量はたっぷりめなので、友達を家に招いたとき、肉と野菜のぎゅうぎゅう焼きががっつりできました。

ただ大きいゆえ、トーストのとき温まりにくいです。トーストは210度で7分余熱した後、パンを入れて210度で5分くらい、ひっくり返して2〜5分が説明書の焼き方です。朝ごはんの時間がないときその作業は手間がかかります。なのでトースターを別に買おうか検討中です。トーストもオートで焼けて欲しかったです。

 

助かる機能としては、レンジ用のテーブルプレートをいれたままオーブン機能をつかおうとすると機械が教えてくれるので、ちゃんとしていない私にはありがたいです。
またテーブルプレートを使ってレンジ機能を使うので、汚れた場合、流しでプレートを洗えるところは良いポイントです。掃除しやすいです。

 

まだレンジが中心で水蒸気機能があまり使えていないのが実際のところなので、もっと他のものもチャレンジしてみたいです

 

長野県 新婚さん

過熱水蒸気といっても万能では無い

過熱水蒸気といっても万能ではありませんのでから揚げなどの仕上がりはやっぱり油で揚げたものと違いは出てきますね。これは好みの問題がありそうです。

内部のプレートを取り外して洗えるのは便利でなかなか好評です。

重量センサーに関してはいまひとつという声もありますが、使用ガイドに記載されている「重量センサーの0点調節をする」という項目を参考に調節を行うと良い仕上がりが期待できそうです。1ヶ月に1回程度とのことですが簡単にできるのでそれほど苦にはならなさそうです。

HITACHI MRO-SS8(R)を楽天市場でチェック

日立 スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ 31L レッド MRO-SS8 Rをアマゾンでチェック

日立 MRO-SS8をYAHOOでチェック


日立 ヘルシーシェフ MRO-RS8 過熱水蒸気を搭載していながら安い


重量センサーを搭載していることが特徴の日立のオーブンレンジ。

その中の一台MRO-RS8は31Lの容量と過熱水蒸気の機能を搭載しているわりに安い本体価格が特徴でしょうか。

こちらの機種について実際に使用した感想をいただきました。

使いこなすには時間が必要

昨年末に上記の商品を購入しました。
大人二人の子供一人三人家族で利用しています。
電子レンジとしての機能はこんなものかなという感じです。
オート機能を使って温める時、赤外線ではなく重さのセンサーで計測して温める時間を決めているようなので、容器によって温まり方が違います。
例えは冷凍のチャーハン。電子レンジ対応のプラスチック製の容器だとオートでいい感じに温まりますが、瀬戸物のお皿だとムラがあり、一度止めてスプーンで混ぜてから再度温めています。

オートを使わず自分で設定するときはレンジの出力も800w~100wまで選べるし使いやすいです。
私は温野菜をよくレンジで作るのですが、電子レンジ用の蒸し器に一口大のジャガイモや大きめのブロッコリーなどをいれて600w5~6分くらいで大体仕上がります。

 

オーブンとしての機能は良いと思います。
特に中が広いのと高さが高いので、ケーキを焼くのに良いです。
高さのあるシフォンケーキなども天井に着くことなく焼けるので重宝しています。
ただ、高さのあるケーキだと中に火が入る前に表面がごげてしまうことがるので、そんな時はアルミホイルで焦げ付かないようにしています。
通常のケーキ(モントン等の市販のキッド)は問題ありません。
そして、ノンフライ調理、こちらは正直使っていません。
一度エビフライを作ったのですが、エビフライに油を塗ってオーブンをノンフライのエビフライ37番にせセットする。
給水タンクに水を入れ、聴理開始。
加熱時間40分(取扱説明書には28分とありましたが、私は40分かかりました)
時間ある時だと良いのですが、朝のお弁当には時間がかかりすぎるし、油を塗る手間があれば揚げた方が早いです。
ただ、唐揚げは油なしにジュージに仕上がるようなので時間がある時にやっていたいと思います。
使いこなせると便利なんだろうなとは思いますが、メニュー数も多く目的の数字入力ができないので目的の番号にセットするのに時間がかかります。
説明書をじっくり読むのが面倒な方には向かないかもしてません。
お掃除はすごくしやすいです。
テーブルプレートも取り外して水洗いできるし、加熱室内もドア内側も固く絞ったタオルで拭くだけで綺麗になります。

油物を温めて油が飛んでしまっても、すぐにキッチンペーパーで軽く拭いて、冷めてから水拭きしていますが、すぐに汚れも落ちます。
そしてこのレンジで一番気に入っているのが脱臭できるところです。
我が家はよくレンジで作れるポップコーンを作るのですが、以前は作った後しばらくレンジの中にバターのにおいが残っていました。
しかし、このレンジで脱臭をするとレンジの加熱室の臭いが全くなくなります。
時間は20分位だし、私はポップコーンを作った後は必ず利用しています。

 

きっときちんと説明書読んで使いこなせればもっと家事が楽になると思うのでこれからも沢山利用していきたいです。

 

北海道 スマイリィ

過熱水蒸気と重量センサーがポイントか

本体価格が2万円台で過熱水蒸気によるヘルシーな調理ができるのでそうした点に魅力を感じるなら候補に入れてもいいのではないでしょうか。

メニューの設定に関してですが確かに矢印で入力するようですので設定がめんどくさそうですね。

上位機種のようにタッチパネルであれば便利なのでしょうが・・・自動メニューをよく使う人は上位機種を見てみるのもいいかもしれません。

HITACHI MRO-RS8(W)を楽天市場でチェック

日立 ヘルシーシェフ MRO-RS8をYAHOOでチェック


日立 MRO-NS8/MRONS8の口コミレビュー


今では手に入りにくくなっていますがMRO-NS8についての口コミをいただきましたのでご紹介しておきます。

日立のオーブンレンジ購入の際の参考にどうぞ。

使いやすい日立の電子レンジ

私が日立ヘルシーシェフ MRO-NS8を購入したのは2015年7月でした。
それまで使っていた電子レンジがいきなり異音を発するようになったのがきっかけでした。
電子レンジが使えないというのは料理を作る上でもかなり不便なのですぐに某家電量販店へ行き値段もお手頃なこの機種に決めました。購入値段は36061円です。
まずそれまで使っていた古いタイプ(2006年製)に比べるとかなり大きい印象です。
それまでは置き場の左右にかなりの余裕があったのですが、この機種を置いたらスペースがかなり狭くなってしまいました。縦横のスペースを十分に確保してから購入することをオススメします。
使用感ですが、まず大きな扉の開閉は上から下に引き下げて開けるタイプです。
これがかなり使いやすいです。大きな鍋もそのまま入れることができるし掃除のときも大きく開けて奥まで手が届くのでお掃除がとってもやりやすいです。内部に凸凹も少なく天井もフラットになっているのでお掃除がとっても楽という点がこの機種の一番の魅力だと感じました。
ターンテーブルがないという点もお掃除が楽になる要因の一つだと思います。
前のタイプだと回転台と本体底の部分にどうしても飛び跳ねとかものをこぼしたりすることがあったのですがなかなか回転台まで外してお掃除というのが億劫になり年末時など大掃除の時にまとめてしていましたが、回転台がないおかげでテーブル部分と本体底の部分にはほとんど隙間がなくよほどの使い方をしない限りその隙間から底の方が汚れることはありません。テーブルも付近などでさっとふけるので掃除がやりやすくいつでも清潔に保っていけるのだと思います。

私の使い方だといろいろな機能が付いていることよりも掃除が楽になるということがとても大きな点だったのでこの点に関してはとても満足しています。
あとヘルシーシェフでは温め機能を重量センサーで温める温度を測っているのですが最初はお皿の重さによって熱くなりすぎたり冷たかったりしていたのですが慣れてくると追加でどれくらい温めていいかまたは少し早めに切った方がいいかなどわかるようになると思います。

 

もちろん手動でも温度を決めれるのでとくに不満はありません。
温め時の音も以前のやつより静かになっているみたいで特に気になりません。
ヘビーユーザーではないけれどそこそこオーブンなども使いたいしケーキなども焼きたいという方にはちょうどいい機能と値段、コスパがいい商品だと思います。

 

佐賀県 まゆぷ

日立は重量センサー

日立のオーブンレンジは重量センサーを採用していますが、まゆぷさんがおっしゃるように皿の重さも考慮して温める必要がありますね。

ただしメリットもあって、赤外線センサーと違ってオーブン使用後の庫内が熱い状態でもすぐに使うことができます。重量なら温度は関係ありませんからね。