パナソニック エレック NE-MS234の口コミ 安くオーブン機能が欲しい人におすすめ!


パナソニックのエレックNE-MS234はオーブン機能を搭載しつつも価格を抑えたモデルです。オーブン機能を搭載した有名メーカーのレンジが欲しいという人は候補にはいるでしょうか。

機能は多くないものの、2~3人分の煮物が簡単に作れる「煮物10分メニュー」や家族の人数に合わせて選べる「自動メニュー人数設定」が特徴です。

今回はこのNE-MS234について口コミをいただきました。

全体的に無難な印象

使用環境

家族6人で使用しています。
基本的に温め・ワット数指定の温めで使用しています。
以前使っていた26Lサイズより小さめの23Lのサイズで小さくなりましたが家にある一番大きい皿が無理せず入ったので小さくしても不便はありません。

以前使っていたものよりも均一に温まる

以前は日立の7~8年前の製品を使っていました。以前は2回温めても全体が温まっているが表面は温まり過ぎている状態だったので、最初温めを使ったとき全体が均一に熱くなりすぎて驚きました。まだ使い始めて期間が短いので、見ながら様子を見ていないと、食品によって爆発を起こす時があります。必ずラップをした方が良いとおもいました。

温めの時の温度設定が普通と強いの2種類しかないので、弱い設定で使う時は注意が必要です。
すべてボタン操作なので、シンプルなデザインでダイアル式よりは操作のやり直しは少ないと思います。

上位モデルのオーブンレンジと比べると細かい設定が出来ない部分や自動メニューは少なくなっています。

ドアの開閉

ドアの開閉に関しては、中位モデルですが軽すぎることもなく問題なく使えます。閉まる時の音に関しては軽い感じはあります。

お手入れに関して

スチーム機能が付いているタイプではないので、お手入れ機能で汚れ落としの機能はありません、脱臭の機能は付いているので、匂いが強い食べ物や魚の温めをした時はドアを開けておくよりは効果があると思います。

汚れを落とす自動メニューは付いていないので、拭き掃除は定期的にしたほうが良いと思います。新しいと思い、庫内の汚れを気にせず飲物を温めた時、ベトベトしていて天井部分・左右の部分も思っていたより汚れている様な気がしました。さすがにキッチンペーパーのから拭きだけでは汚れは拭きとれません。水ぶきで掃除したほうが良いです。

以前のレンジより庫内のランプが明るく感じ中の状況がよく見えるようになっていいます。

操作ボタンについて

操作ボタンは、大きく分かれているので、高齢者や子供でもわかりやすいと思います。飲物の温めなど数量を指定する設定の温めは慣れるまで使いにくさを感じるところがあると思います。

ボタンがフラットなので押した感じが高齢者の方で分かりにくく強く押しすぎて故障しやすくなる恐れもあるかと思います。

液晶の数字は大きくなっているので見やすいと思います。
電子レンジは電源ボタンが無く、通常時数字の表示が消えているので、コンセントが入っていても電源が入っていないと勘違いする場合があるので本体のどこかの部分と説明書には大きく目につくところに表記してあると良いと思います。

価格・サイズはそこそこで良い。そして温めを中心に使う家庭の方に使いやすくおススメ出来る商品だと思います。
温めや使用した後の冷却のファンの動作音が少し大きく終了していない様に思い確認することが何度かありました。この点が少し気になりますが全体的に使いやすい電子レンジだとおもいます。
見た目がシンプルな分回転皿が回るタイプのレンジの様に見えるかもしれません。

 

福井県 のんた

手動であたためる・オーブンの設定をする人向け

いちおうセンサーを搭載していますが蒸気センサーなのでラップをしていると蒸気がうまく検知できず厳しそうですね。値段が値段なので自分であたため時間を設定して調整しながら温める人向けだと思います。

オーブン機能もたまに使うぐらいといった人向けでしょう。「安いレンジでいいけどやっぱりパナソニックブランドで無いと。」という人にはおすすめです。

やや残念なのは液晶部分にバックライトが搭載されいていないという点。暗いところだと見えないようです。


日立 ヘルシーシェフ MRO-NS7は収まりがいい!設置性に注目?


2014年モデルなので2016年にも入ると品薄になって価格も上がりつつありますが、運よく処分品が発見できればお得そうなMRO-NS7。タンク式のスチーム機能が欲しい人にもよさそうです。

今回はこちらの機種の使用体験談をいただいたのでご紹介します。

収まりよく、掃除しやすい、綺麗好きにお勧めのオーブンレンジ

ほんの二か月前に、オーブンレンジを購入しました。
主に夫婦二人の食事を用意するのに使用していますが、時々は友人も招き~4人程度の食事にも使用しています。庫内容量は22 Lですが、この大きさで丁度良い感じです。
最も多く使うケースは、やはり冷めたものの温め。”あたためスタートボタン”一つで、オート調理運転してくれるので、夜遅く帰った時など、ピッとひと手間で着替えなどしている間に食べられる状態になるので、とても便利です。

このレンジを選んだ理由は、外形(幅483mm×奥行386mm×高さ340mm)です。シンプルで四角い箱ですが、背面は壁に付けても設置できる仕様になっているため、キッチンの棚に収納して飛び出すことなく収まります。表面も凹凸が少ないのですが、ボタンの文字、大きさ等がはっきりしていて操作しやすいです。また、パネルの位置がドアの下ではなく、横に配置されているのも使い良さのポイントになりました。キッチンで操作する際に、箸などモノを持ったままレンジの操作をすることがあります。下にボタンが配置されていると、キッチン棚を箸で突いてしまうなどが嫌だったので、横にあることでそのストレスが軽減されました。

このレンジの内部は、とても掃除しやすくて助かっています。料理後、布巾で一通り拭いていますが、庫内の作りもシンプルで凹凸少なく、ドアも水平まで全開するので拭きやすいです。また、テーブルプレートがセラミックでできているため、油汚れなども落ちやすいと感じています。殆どは、水拭きだけで綺麗になっていますが、油っぽいものがこぼれてしまった後は油汚れ用の洗剤を少し布巾に含ませ拭くことで、割と簡単に綺麗になります。

一度、このオーブンを使って困ったことがありました。
私はあまり料理の上手な方ではなく、オーブン機能やスチーム機能を使った調理などは、それほど頻繁に行いません。
先日、グラタンを作るときに始めてこのレンジのオーブン機能を使いました。レシピ本を見ながら準備をし、200℃位まで予熱温度を上げると書いてあったので、その通り設定しスタートしました。その後、予熱が終わり、いざグラタンを焼こうと思ったのですが、何やら操作ミスしたらしく、庫内の温度がどんどん下がっていきました。ちゃんと、マニュアルを読んで操作すればよかったのでしょうが、面倒くさがりなので、その場の勘ですぐに操作してしまいます。この時は、庫内のグラタンとにらめっこしながら、色々な操作をしてとりあえず焼目が着くまで焼くことはできました。
しかし、未だにどうやって操作するのが正しいのか、何を間違ったのかがわかっていないので、その後は予熱の必要な調理はまだやっていません。

サイズと価格が魅力なら

タンク式のスチーム機能を搭載した同クラスの容量のオーブンレンジをチェックしてみると横幅が若干スリムな傾向にあるでしょうか。ちなみに背面ぴったり設置の機能は他のメーカーでも存在するので絶対的優位とはならなさそうです。

庫内がフラットで掃除しやすいという点も同じことが言えそうですね。

デザイン等個人的な好みの問題でしょうか。

スチーム機能などの操作に関しては人それぞれ感じ方が違うと思いますが、近年のオーブンレンジは多機能な分いろんな操作があるので説明書を読みながら操作したいものです。個人的には日立のMRO-NS7の操作性が悪いわけでは無いと思います。

タンク式のスチーム機能を求めていて少しでも幅がコンパクトなほうがいい、なおかつ処分価格で手に入るならよさそうです。

HITACHI MRO-NS7(W)を楽天市場でチェック

日立 ヘルシーシェフ MRO-NS7をYAHOOでチェック