スポンサードリンク

ウォーターオーブン専用機ヘルシオグリエAX-HR2がふるさと納税でもらえるのは?


シャープのヘルシオグリエAX-H2はシャープお得意の過熱水蒸気を生かした、ウォーターオーブン専用機でしたが、評判が良かったようでここにレンジ機能を追加した機種も登場しました。

見た目はかなり似ていますが、サイズが少し大きくなり(幅470×奥行405×高さ280mm)その分レンジ機能が追加されました。庫内も幅265mmとワイドです。

オーブン機能がメインだけどたまにはレンジ機能が欲しいという人には嬉しい進化ですね。

動画はウォーターオーブン専用機のものですが買ってきたパンを焼きたてのように仕上げたりり、食品の余分な油を落としたり、目玉焼きとトーストを同時調理したりとかなり便利に使えそうです。

AX-HR2は大阪府岬町へのふるさと納税で返礼品としてもらえる

そんなAX-HR2ですが大阪府岬町へふるさと納税をするともらうことができます。

大阪府岬町は大阪府の中でもかなり和歌山県よりに位置します。泉南地域と呼ばれる地域のようです。

海に面しており「淡輪潮干狩・海水浴場」や「国指定史跡 西陵古墳」・「淡輪ニサンザイ古墳」といったあたりが主なスポットでしょうか。

特産物は谷川瓦という瓦(歴史の教科書にも出てくる僧、行基がこの地に来た際に土が瓦作りに適しているということで作り方を伝えたそうです)や食べ物だと昆布わかめ、しいたけ・押し寿司が名物になっています。

岬町の返礼品は家電だとシャープ製品のラインナップが豊富でシャープ好きは注目の自治体です。

どのくらいの年収ならお得?

ふるさと納税の額と控除額の目安からどのくらいの年収があればお得なのかもみて見ましょう。

まずAX-HR2を返礼品としてもらうための寄付金額ですが16万円となっています。

これに対してAX-HR2の価格ですが、私が調べた時点だと

  • ネット最安値39500円
  • アマゾン44800円
  • エディオン約59000円
  • ビックカメラ約59000円

となっっています。

自己負担額2000円を考慮しても控除が12万ちょっと以上ならお得といった感じでしょうか。

次に

ふるさと納税・控除上限額の目安

を参考にどのくらいの年収で12万円以上控除されるのかをチェックしてみます。

あくまでも目安ですが独身だと800万円の年収があれば12万円を超えるのでこのあたりがラインになってきそうです。高校生や大学生の子供さんがいるとそれ以上が必要です。

RE-V80Aも候補に入れてみては

それではちょっとお得感じが無いという人はRE-V80Aも候補の1つです。

スチームはタンク式ではなく角皿式です。過熱水蒸気の機能もヘルシオグリエにくらべると落ちてしまうと思われますが、過熱水蒸気にそこまでこだわりが無ければこちらでも活躍してくれそうです。

奥行き38cmで背面ぴったり設置ができる点や「赤外線センサー・絶対湿度センサー・温度センサー」のトリプルセンサーがウリです。

こちらも大阪府岬町への納税で返礼品としてもらうことができます。

寄付金額は12万円

RE-V80Aの価格は

  • ネット最安値3万円

ぐらいなので控除額が9万円ちょっと以上ならお得になりそうです。これだと年収は650円あたりがラインになってきそうですね。

返礼品が過熱水蒸気オーブンレンジ RE-V80A-Bのふるさと納税ページはこちら


スポンサードリンク

ふるさと納税でヘルシオウォーターオーブンAX-XW400等が返礼品の自治体はここ!


シャープのウォーターオーブンヘルシオAX-XW400はシャープのオーブンレンジの中でもフラッグシップもでるにあたる機種で肉も魚も野菜も、冷凍も冷蔵も常温も同時に調理ができる「まかせて調理」が大きな魅力ですよね。

当サイトには前機種のAX-XW300の口コミをいただいていますが、プリンとケーキ・トーストとゆで卵が同時に調理できるなど便利さに驚く口コミでした。

こんなに簡単にハンバーグなどの料理ができるのはとっても便利。

「でもその分やっぱり価格が高いからふるさと納税でゲットしよう!」という人も多いはず。

そんなわけでふるさと納税でAX-XW400がゲットできる自治体をご紹介します。

九州佐賀県みやき町への納税でAX-XW400がもらえる

AX-XW400がもらえる自治体は佐賀県みやき町です。

どこにあるのかというと

こちら。佐賀県の中でも内陸で、福岡県と接するところにあります。

隣にはサッカーのJリーグクラブもある佐賀県鳥栖市がありますね。

みやっきーというゆるキャラもいます。

特産品は玉ねぎ・苺・アスパラ・トマトといった野菜果物やシクラメンのようです。

AX-XW400はどんな条件でお得?

まずAX-XWの価格をチェックしてみたいと思います。

  • ネット上最安値・・・約108000円
  • ビックカメラ・・・約121500円
  • ヨドバシカメラ・・・約133640円

とかなり高額。

AX-XW400の納税額は60万円なので・・・

控除上限額の目安はこちら

控除される税金がだいたい50万円以上ならお得にゲットできると考えていいでしょう。ただ、ここで問題になってくるのが控除上限額。

収入によって控除の上限が決まっているので高額な納税をしても控除の額が少なくなってしまいます。

ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW400のふるさと納税ページはこちら

税金が50万円以上控除されるのは年収が1900万円以上ある人・・・これをクリアしていればいいですが実際問題かなりハードルが高いですね。

となると普通に購入するかもっと安い機種を検討したほうがよさそうです。

その他AX-XW400の魅力

イラスト

このページにたどり着いたからにはAX-XWの機能についてはよくご存知かもしれませんが、せっかくなのでAX-XWの魅力についても触れておきます。

「まかせて調理」がすごいのはもちろんなのですが、新たに「あぶり焼き」機能も搭載されています。これは100℃以上に過熱された水蒸気・過熱水蒸気を集中的に噴射することで食材の表面を焼き上げる機能です。食品を香ばしく焼き上げることができるのでより食が進みそうですね。

おまかせ調理もそうですがやはりシャープのオーブンレンジの一番の特徴は過熱水蒸気にあります。過熱水蒸気導入の先駆けともなりましたし、以前ヨドバシカメラさんで取材をさせていただいた時に話をうかがいましたが、シャープのヘルシオは過熱水蒸気だけで調理を行うことができるそうです。

過熱水蒸気での調理にこだわるならやっぱりシャープですね。


スポンサードリンク

パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS804の口コミ 無難な印象


パナソニックのスチームオーブンレンジNE-BS804ですがミドルクラスのモデルといえるでしょうか。

センサーはスイングサーチ赤外線センサー。オーブンは最高300℃。タンク式のスチームとなかなかの機能を備えています。

このモデルから新たに発酵・余熱なしで焼き上げることができる「かんたんピザ・パン」機能なども搭載されました。

しかし実際のところ使い心地はどうなのでしょうか。実際に使ってみた感想をいただきましたのでご紹介します。

ボタンとジョグダイヤルでの操作

今年の8月頃、使っていた電子レンジがわずか3年で故障した為、新しい物に買い換えました。新しい電子レンジはパナソニックから販売されている「3つ星ビストロ・NE-BS804」と言う機種です。

購入の理由

なぜこの機種に決めたのかというと、理由は3つあります。

  1. 前機がシャープ・ヘルシオという機種だったのですが、値段の割に3年で故障してしまった為、今回シャープは選定候補から除外していた
  2. 親戚が街のパナソニックのお店を営んでいた為、昔からパナソニック製品に馴染みがあった
  3. 前機で大変重宝したスチーム式のあたため機能が欲しかった

以上の点からこの機種に決めました。

使用環境

我が家は、3人家族なので個人で使う頻度は高くありませんが、料理の出し方が大皿で出す形式の為、どうしても料理が冷めてしまいがちなのです。なので冷めたらその都度、温め直さなくてはなりません。例えばハンバーグなら、1人1皿にハンバーグ1つではなく大皿1つにハンバーグ5つという形式です。

ですので、レンジ機能と言うよりはあたため機能が中心の使い方となっています。それ以外の使い方としては、温野菜を作ったり極希にですが付属のレシピ本のメニューを作るのにレンジ機能を使う程度です。

あたため機能について

あたため機能で優れている点は、やはりスチームを出して加熱できる点です。これはヘルシオと共通で温めた物の水分を補いながら加熱してくれる為、食べ物が硬くなってしまったりカリカリに干上がってしまう事がありません。また、その都度ラップを被さなくても良い為、ゴミを減らすという利点もあります。

あたため機能の精度については、特段他の電子レンジとの差はありませんが、カレーなどの粘度が濃い汁物系については若干、苦手な様な気がします。例えばカレーの場合、外側は熱いが真ん中あたりはぬるいなど、若干のムラが出る事があります。

庫内やお手入れ

レンジ内の容量は、このクラスの電子レンジとしては、平均的~やや大きいと言ったところで一般的に使う大皿などは問題なく入るサイズですし、背丈の高い食器なども使う事が可能です。ただし中にはアルミ製品の様に使えない食器類もある為、使用前に電子レンジで使える物かどうかを調べてから使用して下さい。

また、庫内の底面はコーティングされたセラミックの様な部品で作られている為、古い汚れでも簡単に拭き取る事が可能ですが、側面や上部は金属が塗装された物を使っている為、早めに拭き取らないとこびりついてしまい塗装面が傷んでしまう事がある為、こま目に清掃すると良いでしょう。臭い取りなどの自動洗浄メニューも備わっていますのそちらを利用しても良いと思います。

操作感

操作感はタッチパネル式ではなく、ボタンとジョグダイヤル式となっている為、タッチパネルが苦手な方でも簡単に操作ができると思います。携帯電話と共通した点として、ボタンの押し込みの手応えが無いと不安な方には特にオススメと言えます。

横幅がスリム

最後に個人的にオススメという点が1つあります。それは横幅が他の製品と比べて小さくなっていると言う点です。これは、他のメーカーやパナソニック製の別機種にも言える事なのですが大抵の電子レンジの場合、レンジの右側に操作パネルを配置してある事が多いです。つまりその分、横幅が大きくなると言う事なのです。

電子レンジを設置する際、コンセントの近くである事や、使いやすい高さなど設置場所に制限が出てくる場合が多いと思います。棚やスチールラック等を利用して設置している方も多いと思いますが、これらの棚は高さは調整できても横幅は調整できません。ましてやキッチンは物が多く、幅の広い棚は置けない事も多いです。

私がこの機種を選んだ理由はスチーム機能が欲しかったなど幾つかありますが、最もこだわった点は横幅のサイズでした。横幅が小さくなった分、縦幅は大きくなってしまいましたが、そこは棚板の位置を調整する事で設置する事が出来ました。
値段の割に機能も充実していますので、電子レンジのサイズで悩んでいる方は1度「3つ星 ビストロ NE-BS804」を検討してみては如何ですか?

 

神奈川県 ビストロ

横幅はビストロだけがスリムなわけではない

カレーなどのあたためはムラがあるとのことですが他の面については満足度はなかなかのようですね。

横幅がスリムということですが、このNE-BS804は横幅が49.4cmとなっています。

他メーカーの30~31Lのオーブンレンジの横幅を調べてみたところだいたい48.7cm(日立のヘルシーシェフ)~50cmといった感じでした。ビストロが特別横幅がスリムというわけではないのでこの点は注意しましょう。