スポンサードリンク

東芝は石窯! カタログに見る東芝のオーブンレンジの特徴


(YOUTUBEに解説動画がありました)

東芝のオーブンレンジは石窯ドームど名づけれられていますが、パンが焼けるという点をウりにしているようです。

東芝のオーブンレンジの特徴をチェックしてみましょう。(最上位機種について見ていきます。また、挿入されている静止画はイメージです。)

※あくまでメーカーのうたっている性能です。

石窯ドームはパン焼きに大切な要素がそろっている

a1750_000033

東芝の石窯ドームは庫内の天井部分がドーム構造になっていて対流を生み出す、熱風の方向を自動的に反転させてくれる、底面ワイドくるりん熱風で熱風を端から端まで行き渡らせる、といった特長を持っています。

これらを含めパンを焼くために大切な3つのポイントを抑えています。

業界最高の350℃という高温

2014年5月1日時点だそうですが100Vのオーブンレンジにおいては業界最高温度の350℃という高温で焼くことができます。(350℃で運転できるのは5分間だそうですが。)

高温で焼くことでパンがふっくら焼きあがります。

余熱を200℃に設定しても5分で

パンを焼く上で余熱も大切な要素ですが、200℃5分という短時間を実現しています。

庫内のどの部分焼き色がキレイ くるりん熱風

ファンの方向を自動的に切り替えそして底面ワイドくるりん熱風で庫内の隅々まで熱風を行き渡らせることができるのでパンの焼き目がきれいにつくと言われています。

パンの見た目にもこだわってきれいに焼き上げたい人は注目です。

3つの焼き上げ オーブン 加熱水蒸気 そしてハイブリッド

オーブンでの焼き上げ、過熱水蒸気での焼き上げに加えてこれらを組み合わせたハイブリッドでの焼き上げも可能となっています。

オートメニューのハイブリッドを使用した場合のみですが、オーブン→過熱水蒸気→オーブンなんて手順調理することも。

ノンフライ料理も可能

a0006_002348

最近ではノンフライヤーやコンベクションオーブンなどで油を使わないでから揚げを作る家電が話題となtっていますが、東芝のオーブンレンジでも可能になっています。

ファンで熱風を循環させることができるのでこうした料理もできるのでしょうか。

食材に合わせて適切にスチームで過熱できる

「本格せいろ蒸し」「適温スチーム」といった機能で適切な温度でスチーム過熱が可能となっています。

a0790_000542

素材に合わせて温度をコントロールしてくれるので玉子料理の際にも活躍してくれます。

シュウマイなどの蒸し料理のほか、プリンづくりなどにも役立ちそうですね。

また、「本格せいろ蒸し」のスチームは1分間に最大24mlとたっぷり。蒸し料理もふっくら仕上げてくれそうです。

お手入れや使い心地の工夫

とれちゃうコート

皿と庫内には微細な粒子を用いたコーティングがほどこれされていて、汚れがつきにくく簡単に掃除ができるようになっています。

3分間スチームを出して汚れを浮かせる手間なしお手入れコースもあるのでお手入れが楽ですね。

スマートタッチパネルとハーフミラーデザイン

操作パネルはスマートタッチパネルというパネルになっています。使うときに必要な情報だけを表示して、使わないときは表示が消えるのでスタイリッシュです。

また、扉はハーフミラーデザインになっていて高級感を感じさせる作りです。

左右と後ろがぴったり置ける 左右背面ピッタリ設置

左右と背面をぴったりくっつけて置ける設計で上方は10cm以上空けて設置すれば問題なく設置できるようになっています。

省スペース設計ですっきり置けますから、電子レンジのスペースで悩んでいても、もしかしたら設置できるかもしれません。

スポンサードリンク

電子レンジの耐用年数はどのくらい?補修用性能部品の保有期間は?

a0002_006303

電子レンジを新しく買うときに気になる要素のひとつが、どのくらいの年数持つのかということです。

いつ故障するかなんて運だといってしまえばそれまでなのですが、故障しなかった場合、だいたいどのくらい使えるのか考えてみましょう。

電子レンジの補修用部品の最低保有期間

電子レンジの補修用性能部品の保有期間を見てみると8年のようです。ここから判断すると電子レンジの耐用年数というのはだいたい8年ぐらいと判断できます。

中には20年以上使い続けているという人もいるようですが、電子レンジの内部にほこりなどが溜まりますし、安全の面でも買い替えたほうがいいかもしれません。

白物家電の寿命はだいたい10年ともいわれていますので8~10年ぐらいで買い替え時といえるでしょう。

ちなみに昔の電子レンジは単機能でしたのでマイクロ波を出すためのマグネトロンまわりが壊れると寿命といった感じでしたが、近年の電子レンジは、単機能ではなくオーブンが付いていますし、センサーや多数の機能をがあるので昔の製品にくらべて故障をすることが多いようです。

電子レンジは比較的買い替えやすい?

電子レンジは冷蔵庫や洗濯機にくらべて小さいですし、設置の手間も少なく済みます。

冷蔵庫や洗濯機にくらべて壊れても緊急性はありませんが、年代物の電子レンジは早めに買い替えたいところです。

スポンサードリンク

日立 MRO-JT5/MROJT5 の使い心地は?

a0002_006305

少し前のシリーズですがMRO-JT5の使用体験談をいただきました。

価格は一万円台と、オーブンレンジの中ではわりと安めの価格でしょうか。

現在は新品で手に入る機種ではありませんが、これから日立の電子レンジやオーブンレンジの購入を考えている方の参考になればと思います。

一人暮らしには少し大きめ

日立のオーブンレンジを使用し始めてから、早2年半ほどたちます。現在一人暮らしなので、一人分の調理用に使用しています。
このレンジは、主に冷凍食品の解凍、温野菜、パンや牛乳の温めに使用しています。

冷凍食品や肉の解凍にはやや時間がかかるわりには、3分くらいたつと食品の温度が上昇した音がうるさいです。

冷凍パスタだと、真ん中の温まりが弱いです。温野菜やその他の温めは調子いいです。

どんな食品でも全体的に温まり方がやや極端というか、すぐにぱちぱちいったり食品ごとの表示時間より短めでいい場合が多い気がします。
レンジの容量は一人暮らしでは大きすぎるくらいでした。

もう少しコンパクトで機能も絞られたものの方が使い勝手がいいような気もします。

レンジ機能の他にオーブンなど機能は色々あるみたいですが、普通に時間を設定して使うレンジ機能しか使ったことがありません。

このレンジは温まりが食品によって差があるようなので、あえてレンジ機能に絞って使っています。

詳しくはわかりませんが、温める食品によって得手不得手があるみたいです。

これと言って欠点があるわけではないのですが、急に温まってしまったりするので、いまいち安心して使えないところがこのレンジの問題点です。

どんな食品でも温めがスムーズだともっと重宝できる商品になると思います。

 

 

ふたの開閉は手前にあけるタイプですが、少し重い気もしますが特に支障ありません。掃除はレンジ用のふき取り布で簡単にできます。

 

 

東京 ねこ

オートメニューはいまひとつ?

ねこさんはオートメニューで温めをされているようですが、なかなか満足のいく結果ではないようですね。

ただし価格も安いので仕方の無い面もあるでしょう。

またレンジ機能だけ使用していてオーブンレンジの機能は使用していないということなので、機能を電子レンジ単機能にして導入コストを安く抑えてみてもよかったかもしれませんね。

安い値段でオーブン機能も使えるレンジが欲しいという人には適したモデルかもしれませんが、オートメニューを多用する人はもっと高性能なモデルのほうがいいかもしれません。

とはいっても価格に対する性能はなかなかだと思います。