スポンサードリンク

電子レンジメーカーの一覧 こんなメーカーが作っていた


a0001_014308

電子レンジといってもいろんなメーカーが作っていますよね。

基本的な機能は変わりがありませんが、細かい調理機能やお手入れ機能、価格に関してはそれぞれです。

そこで電子レンジはどんなメーカーが作っているのか紹介してみたいと思います。

 シャープ

オーブンレンジに過熱水蒸気を用いた調理を導入したことで有名ですね。ヘルシオシリーズはスチーム調理の定番のようになっています。

シャープではウォーターオーブンという呼び方を提唱しています。

いろいろな特許を持っているようで過熱水蒸気を用いた調理には一日の長があるのでこの点を重視する人はシャープのオーブンレンジは欠かさずチェックしておきたいところです。

パナソニック

白物家電の老舗として長年支持されていますね。メーカーに対する信頼感を理由に選ぶ人が多いのはこのメーカーな気がします。

シャープのように野心的な機能を盛り込むといったイメージはありませんが、無難にそこそここなせる機種を発売しているといったイメージです。

特にこだわりは無いけど有名メーカーのものでといった人にはいいかもしれません。

東芝

近年話題となっているのは石窯ドームですね。

パンやお菓子づくりに関して力を入れているようで、石窯ドームは他のオーブンレンジよりも温度が高くなるように設計されていたりとこだわりを感じます。(ただ、これを感じられるのは上位機種に限られてきますが。)

焼き上がりの質にもこだわるという人は一度チェックしてみてもいいでしょう。

日立

日立も最上位機種にはパン焼き用の付属品が付いてきたりして、パンの焼きあがりにこだわっているようです。

また、大手メーカーの中では珍しく、重量センサーを採用しています。重量センサーは庫内の熱に影響されないのでオーブンの使用直後でも使うことができます。ただ、他のメーカーは採用していないということを考えるとそれほど期待もしてはいけないとは思いますが。(重い容器を使うとうまく働かない・・・)

三菱電機

以前は三菱電機も大手メーカーだったようですが、近年は新製品が登場していません。

現在では購入できる機種が少なくなっています。一部では新製品を待ち望む声があるようですが・・・

これから電子レンジを買う人は他のメーカーに絞ったほうがいいでしょう。

ツインバード

余計な機能や宣伝費を削って価格に反映させたジェネリック家電のメーカーですね。

余分な機能が無い分価格がかなり安いので、初期投資を抑えたい人に人気になっています。

個人的にはお値段のわりにデザインもなかなかだと思います。

アイリスオーヤマ

こちらもジェネリック家電のメーカーといっていいでしょうか。

ツインバードと同じくシンプルな構成でお安くなっています。

特筆すべき性能でもデザインでもないですが安いです。

山善

山善からも電子レンジが発売されています。

他のジェネリック家電のメーカーと同じく特に当たり障りのないといった感じでしょうか。

エレクトロラックス

こちらは海外メーカーと言うことで、外見がちょっとおしゃれになっています。

値段はそれほど高くないので中身の性能に関しては過度な期待は禁物です(何十万もするような専門のオーブンは話が別ですが。)が、安いけどデザインはそれなりにといった人向けでしょう。

ハイアール

とにかく安いレンジをという人向けですね。中国メーカーと言うことで心配する人もいたりしますが価格はかなりの魅力です。

メーカーを気にしない人向けでしょうね。

まとめ

大手メーカーは各社こだわりがあるので料理を良くする人はそれにあった物を選ぶといろいろ楽しめると思います。

逆に安ければいいという人はツインバードやアイリスオーヤマの製品で十分でしょう。

安くてデザイン性を求めるならツインバードがなかなかいいように思います。ただ、デザインは良いといっても安いので性能はそれなりです。

とにかく安ければいいという人にはハイアールですが・・・うーん信頼性の面ではどうだろうかといった感じです。


スポンサードリンク

オーブンレンジは目的の機能でメーカーを選べ?


a0002_006305

オーブンレンジも近年ではどんどんと付加機能を付けるようになってきて、いろんな事ができると謳っていますよね。

でもちょっと待ってください。

限られた大きさの中でいろんな機能を詰め込んで・・・しかも家庭用の電源でほんとうにすべての事が完璧にこなせるでしょうか・・・

残念ながら現在の技術ではどうしても無理している部分があるようです。よって、メーカーによって得て不得手が存在します。

あたな自身がどのような機能を重視するかによってメーカーが変わってくるわけです

オーブンレンジは現在、パナソニック、東芝、シャープ、日立といったメーカーが大手どころになりますので、今回は各メーカーの得意としていることについてチェックしてみたいと思います。

 パナソニックのオーブンレンジは全体的にそこそこ

長年白物家電のメーカーとして君臨し続けるパナソニックとあって、突出した部分は無く、まんべんなくそれなりの性能となっているようです。

シャープのようにスチームに特化しているわけでもなければ東芝のようにパン焼きに力を入れているわけでもないようです。

完ぺきではないけれど、そこそこの感じにいろいろできてコスト対性能比が優れているといったところでしょう。

パナソニックのオーブンレンジの故障 エラーコードについて

パナソニックのオーブンレンジについて調べていたら気になることを見つけたのでご紹介しておきます。どうやら数年前にマグネトロン部分の故障によるエラーが多く発生していたようで、当たり外れが大きかったようです。最近はそこまでは無いようですが、参考までに。

実際にエラーを体験された方のブログもありました。
オーブンレンジNE-W300の故障H98

シャープはやっぱりスチームオーブン

シャープは昔からいろんな分野で革新的な製品を投入してきましたがオーブンレンジの世界ではスチームオーブンでしょう。

過熱水蒸気を用いた調理は現在では他のメーカーも導入して珍しいものではありません。

ただ、シャープは初めて過熱水蒸気を採用したということからか、過熱水蒸気を発生させる装置の特許を持っていて、他のメーカーよりもリードしている面が多いと考えられます。

先駆者としての一日の長がありますのでスチームにこだわるならば、シャープ製のオーブンレンジをチェックしてみましょう。

メーカーもこだわりがあるみたいで、スチームの部分は改良を続けているようです。

あとは調理の性能に直接に関係ありませんがシャープということで液晶の表示がきれいという点も・・・あるかも?

ただ、逆を言うなればスチーム以外はそんなに力を入れていないんじゃ・・・とも思えるので、スチームをつかった調理を頻繁に行わない人は他のメーカーもチェックしてみましょう。

東芝は石窯でパン焼きやお菓子焼きに

東芝のオーブンレンジは「石窯ドーム」と名乗っているようにパン焼きに特色を見い出しています。

天井がドーム型になっていてなんだかおいしく焼けそうな気がしますね。(たぶんこれはプラシーボ的なものであまり効果は期待できないんでしょうけど。)

注目はなんといっても350℃まで上昇するオーブンの温度です。カタログによると5分しか維持できないようですが、350℃は2015年のこの記事を書いている時点で東芝のオーブンレンジだけですので、これはなかなかのアドバンテージだと思われます。

オーブンの性能にこだわる人は東芝のオーブンレンジを要チェックです。

(ちなみに下位のモデルになってくると温度はここまで高くなりませんのでご注意を。)

日立のオーブンレンジは重量センサーを装備

日立はこだわりがあるのかセンサーに重量センサーを採用しています。温度センサー+重量センサーといった構成になっているので、オーブンを使用した直後に庫内が熱い状態でも重量で判断をして調理ができます。

また、フラッグシップモデルにはベーカリー機能が付いていてねり作業もオートで行ってくれます。東芝ほど温度は上がりませんが約90分でパンが焼けると謳っていて、評価もなかなかのようです。

 本当に必要かどうかよく考えて製品を選ぼう

a0001_017593

メーカーのカタログを見ていると、すごく便利な機能がたくさん紹介されていて、買ったときのことを想像するとウキウキしてしまうと思います。

たぶん買ってすぐはうれしくていろんな機能を試してみるでしょう・・・

でも本当にその機能は使い続ける機能でしょうか?

使い続けるのだったらたいへん役立つ機能も多数あると思いますが、飽きてしまえば宝の持ち腐れです。

実は単純な機能のオーブンレンジで充分だった・・・なんてこともありえますので今一度よーく考えてみましょう。

もちろんその機能を使い続けるのであれば高価な製品を買ってもいいと思いますが。


スポンサードリンク

電子レンジの値段相場、価格帯を考える。


a1640_000168

ひとくちに電子レンジといってもいろんな価格帯のレンジがありますよね。

昔は電子レンジなんて高嶺の花なんて時代もあったようですが、現在ではすっかり家庭に普及したこともあって安価なモデルから高価なモデルまでいろんな製品が登場しています。

となると、どのくらいの価格の製品を購入するべきか思い悩むことも出てくるのではないでしょうか。そこで、今回は電子レンジの価格はどの価格帯について考えてみたいと思います。

2015年時点で私が個人的に調べてみた感想なので参考までにとどめておいてくださいね(汗

選択肢が多そうなのは2万円台後半~3万円台前半か 売れ筋もこの価格帯

2

一番製品が多いと思われるのは1万円~2万円の製品で、2万円~3万円の間の製品も同じぐらいあります。

1~2万円だと単機能のものがあったり、大手メーカー以外のメーカーの製品もみかけますね。

あたためをするだけなら別段この価格帯の製品でも問題無いと思いますが、オーブン機能を備えた電子レンジでいろいろと調理を楽しみたいという人は2~3万円台の製品を狙いたいところです。

2万円台後半~3万円台前半ぐらいの価格になると大手メーカーのミドルクラスのモデルまで手が届くようになります。

このぐらいになるセンサー機能も充実してあたためのメニューや調理メニューも豊富ですし、設置の面でも左右にスペースを設けなくてもいいモデルなんかが登場してきます。

スチームを搭載しているものは3万円ぐらいからタンク式の物が増えてくるようですね。

価格と性能の面でバランスが取れれいるのはこのあたりではないでしょうか。売れ筋になっているのもやはりこの価格帯のようです。

ただしタンク式スチーム搭載機であまり安い物に関しては余裕が無いぎりぎりの設計になっていることも考えられます。あまりスチームを使わないようなら角皿式のスチームにして予算を削ると言う選択肢もあるでしょう。

もうちょっと贅沢をしたいなら4万円台の製品ですが、製品の数としては少し減るようです。

こだわるならばやっぱりフラッグシップモデルや上位モデル

a1640_000115

「どうしてもオーブンレンジでおいしくパンを焼きたい」などのこだわりがある人はフラッグシップモデルが良いと思われます。

例えば東芝の石窯ドーム。上位モデルはオーブンの温度が350℃まで上昇することを謳っています。パンを焼くのに温度は欠かせないと思いますが、この温度まで上昇するのはわずかに3機種(この記事を執筆している時点)です。

気になる価格ですが、2014年発売のモデルならば

石窯ドーム ER-MD500の価格は7万円台前半、一つ下のER-MD400は6万円前後ということで、東芝のオーブンレンジ基準で考えるならば6万円は用意したいところですね。

ただしここまで予算が必要なのは高温のオーブン機能など特定の機能にこだわる人だけになってくるでしょう。

単機能でいいなら1万円ちょっと出せば十分 1万円でお釣りのくるモデルも

a0002_006309

逆に電子レンジの機能だけ付いていればなんでもいいやという人は当然予算は少なくて済みます。

メーカーにこだわりのある人もパナソニックやシャープの製品が1万円ちょっとで購入ができます。

あまり安い物を選ぶと50Hzのモデルと60Hzのモデルがあって、周波数の違う地域に引っ越すと使えなくなってしまうことになるですが、1万5000円も出せばパナソニックのヘルツフリー(50Hz、60Hzどちらでも使える)の電子レンジが購入できます。

メーカーにこだわらなければ1万円前後でも。あるようですね。

電子レンジ機能だけでいいという人はこれぐらいの予算を用意しておけば十分でしょう。

家族の人数、電子レンジの容量から価格を考える

家族が多いと、「電子レンジで一度にたくさんの食品を調理できればなあ」なんて思いも強いと思います。

そこで容量と価格についてもチェックしてみました。

電子レンジの選び方の記事でもご紹介しましたが

容量の目安としては

  • 一人暮らし 20L以下
  • 二人暮らし 20L~25L
  • 3~4人   26L~29L
  • それ以上  30L以上

と言われいます。よってこれをもとに価格をチェックしてみました。

  • 20~25L・・・1万前後から2万半ば
  • 26L~29L・・・2万半ばから3万半ば
  • 30L以上・・・3万半ば~

といった価格帯に製品が多いようです。あくまでも目安なんですが、家族の人数から判断するときの参考になれば幸いです。