スポンサードリンク

電子レンジメーカーの人気やシェアは?100人にアンケート!

anke

気になる電子レンジメーカーの人気。

そこで100人に電子レンジのメーカーはどこがおすすめか聞いてみました。

結果は上のグラフのとおりです。

  • パナソニック 31人
  • シャープ    30人
  • 日立      17人
  • 東芝      12人
  • 三菱      4人
  • ツインバード 3人
  • その他     3人
    (内訳はエレクトロラックス、サンヨー、ハイアールがそれぞれ1人ずつ)

パナソニックは白物家電の分野で人気があるだけに電子レンジにおいてもトップクラスのシェアのようですね。

次いで過熱水蒸気を導入したシャープが続きます。日立はヘルシーシェフシリーズが人気、東芝は石窯がパン焼きに優れていると評判ですね。

上位のパナソニック、日立、東芝、三菱が電子レンジの4大メーカーといってもよさそうです。

三菱は最近電子レンジの新製品を発売していないので人数が少なめです。ツインバードは価格が安いのがおすすめの理由でしょうね。

そのメーカーをおすすめする理由について

またそれぞれのメーカーについてどんな理由でおすすめするのかも聞いてみましたのでメーカーごとにまとめてみました。

興味のある方はこちらもごらんください。

パナソニック派の意見

シャープ派の意見

日立派の意見

東芝派の意見

その他メーカー派の意見

スポンサードリンク

単機能の電子レンジでおすすめはこれだ!やはり安さが魅力

「特にオーブンは使わないから」、「価格を安く抑えたい」といった理由で単機能レンジを求めているひともけっこういるんじゃないでしょうか。

そこで単機能レンジにしぼって製品をいくつかピックアップしてみました。

パナソニック エレック NE-EH227

シンプルな単機能レンジですが

  • パナソニック製
  • 850Wとわりとパワーがある(自動出力の場合)
  • 低価格ながら蒸気センサーつき
  • ヘルツフリーで東西で使える

といった点で人気になっていると思われます。

センサーは蒸気センサーなのでラップをするとうまく検知をすることができないということもあり得ますが、このお値段の電子レンジでは仕方がないところだと思います。

割り切って使えば問題ないでしょう。

レンジの出力を3段階に切り換えることもできますし、一応自動あたためも2種類ついています。

低価格がいいけどそれなりに信頼感が欲しいといった人に。

パナソニック 電子レンジ エレック ホワイト NE-EH227-Wの詳細を楽天市場でチェック

パナソニック エレック NE-EH2270をYAHOOでチェック

ツインバード DR-D259B

いわゆるジェネリック家電というやつでしょうか。

ツインバード製の電子レンジも安くて魅力があります。

  • ヘルツフリー
  • フラットな庫内
  • ミラーガラス仕様のドア

といった点がポイント。

フラットな庫内は食品の出し入れがしやすいですし、掃除もしやすいので便利です。

ドアがミラーガラスになっているので値段のわりに高級そうに見えるのもいいですね。使用中だけ庫内に明かりがつき中が見えますが、使用していない時はミラーガラスが反射して中が見えません。

モードはあたため600W、500Wの他に「煮込み」モードを搭載。

解凍設定は( 100 / 150 / 200 / 300 / 400 g )が選べるようになっています。

TWINBIRD|ツインバード ミラーガラス フラット電子レンジ(20L) DR-D259B の詳細を楽天市場でチェック

ツインバード DR-D259BをYAHOOでチェック

とにかく安い物なら ハイアール JM-17E-50とJM-17E-60

 

とにかく安さを求めるならハイアールの電子レンジを狙う手もありますね。

JM-17E-50とJM-17E-60なら5000円から6000円ぐらいで購入できます。

ただし・・・

  • 地域に合わせて50Hzと60Hzで使い分ける必要がある
  • 人によっては音や振動が気になるといった口コミがある

といった点が心配です。

ダイヤルも2つのシンプルな構成で使いやすそうなのですがハイアール製でいい思いをしたことが無い人や国内メーカーに安心感を持っている人はやめておいたほうが良さそうです。

逆にハイアール製と承知の上で購入するのならありかもしれません。

一時しのぎ的な感じでしょうか。品質を求める人はもう少し予算を足しましょう。

スポンサードリンク

パン作りやケーキ作りにおすすめのオーブンレンジは・・・?

a1750_000033

近年はオーブンレンジのパン焼き機能も充実してきて、オーブンにパン焼き機能を期待する人も増えているのではないでしょうか。

そこでパン作りに向いているオーブンレンジをチェックしてみました。

単機能のオーブンやガスオーブンのほうがパワーがあるからそっちの方がいいと言ってしまえばそれまでなのですが、ここではオーブンレンジに焦点をあててチェックしてみます。

東芝の石窯ドームに注目

注目は東芝の石窯ドームを採用したオーブンレンジです。パン作りにこだわった機能が搭載されていますので、最上位モデルのER-MD500をご紹介します。

パンをおいしく焼き上げるための注目の機能は3つ

  • 石窯ドーム構造
    通常のオーブンレンジの庫内は長方形ですが、このオーブンは上部がドーム状になっています。これによって対流が生まれます。
  • 焼き上手なくるりん熱風
    熱風の向きを自動的に切り替えてくれるので焼きむらをすくなく焼き上げることができます。
  • 最高温度が350℃
    5分間だけですが、温度が業界最高の350℃まで上がります。高温で焼くのでふっくらとした焼き上がりが期待できます。(下位モデルになると石窯ドームでも350℃まで上がらないモデルがあるので注意)

 

下位モデルになってくると温度が350℃まで上がらないので他の機種のほうがいいかもしれませんが。上位の2つのモデルは350℃まで期待できるのでおすすめです。

予算を抑えたいなら1つ下のモデルER-MD400を狙ってみるのもいいかもしれません。

口コミをみる

口コミをチェックしてみても

  • ガスオーブンに匹敵する焼き上がり
  • きれいな焼き上がり
  • レシピブックにパン作りについて丁寧に書かれている
  • ほぼムラなく焼けた

といった感じでパン焼きに関する評価は高いようです。

とにかくパンやお菓子づくりを重視でという人におすすめです。

オーブンレンジの特徴をつかむことも大切

いくらいいオーブンを買っても、それぞれの機種でクセがあります。

何度かパンやお菓子を焼いて、「ここはこんなふうに焼ける」といったオーブンそれぞれのクセを見極めて、それに合わせた工夫も必要になってきます。

単純にいいオーブンレンジを買ったからいいパンが焼けるといったわけではなく、パンを作る人自身の経験も大切になってくるので忘れないようにしたいところです。

東芝過熱水蒸気オーブンレンジ 「石窯ドーム」(31L) ER-MD500-R グランレッド の詳細を楽天市場でチェック

東芝 石窯ドーム ER-MD500をYAHOOでチェック