東芝 石窯ドーム ER-RD5000の口コミ 最高350℃でのパン焼きは魅力!


約5分間という短時間ながらもオーブンの温度が350℃になる東芝のER-RD5000(さらに上位のER-7000は温度センサーも装備した「トリプルセンサーになっていたりカラータッチ液晶を搭載していたりとさらに高性能」)。

パンやピザをやいたりするのにこだわりのある人にとっては嬉しい機能ですがその実力はいかほどなのでしょうか。実際に使ってみた方から口コミをいただきました。

最高350℃は他にない大きな魅力

先月それまで大活躍していたデロンギのコンベクションが急に故障、パンを焼こうとした矢先のアクシデントに慌てて修理を試みましたがうまくいかず、代わりに何かないかと家電量販店に駆け込みました。
最初は安くて最低限の機能があればと思いましたが、いくつか比較しているうちにもっといい機種が欲しくなってしまったのです。
私の場合1番の目的はパンを焼きたいということ、普段あまりレンジ機能は必要ありませんがあればあったで困りませんし、ならば予定を変更して予算も増やしました。

結局決め手は温度設定が高いこと、パンを焼きたい人向けには最も評価が高い石窯ドームがいいだろうという結論になりました。
モデルがいくつかありましたが最高350℃というのはER-RD5000もしくはER-RD7000のいずれかです。必要最低限の機能でいいので5000にしました。

今現在もまだ試している段階ですが、少なくとも家庭用オーブンで上げられる温度設定では最高レベルなのでしょうね。
350℃まで上がり切るのはそう簡単ではないのですが、庫内温度計での数値は現実に300℃前後は出ていますし、これはモノづくりには十分なものです。
プロ仕様の平釜オーブンやコンベクションとそう差がない温度ですから実にパワフルだと言えますね。
しかも思っていたより予熱の上がりは素早いと感じます。
試しにカヌレを焼いてみましたが、デロンギ(最高200℃強)で焼いてうまくいかなかったものが全く苦労なく焼きあがりました。
一般の業務用より小さい分、開け閉めで下がるのが問題かと思っていましたが、それもそう影響ない様子で綺麗に焼けたのはちょっと驚きましたね。

次にクロワッサンもチャレンジ、以前から課題だった予熱もクリアできたのでしっかり焼き切れました。
しかも焼く前の発酵が設定しやすいのはやはり高いだけのことがありますね。
ホーローに入れて管理するのと同じですから気候に関係なく300℃キープできますし、時間の読み込みがしやすくなりました。
クロワッサンに関してはまだ蒸気を併用するかどうかとか、どのぐらいの量を焼くのが1番綺麗かなど実験中ですが、どんなオーブンでも癖がありますし、それを把握するには慣れる以外ありませんね。

温度管理がしやすいのでもちろん料理にも大活躍、石窯ドームひとつあれば相当なバリエーションの料理やお菓子を作ることができることを実感できますね。
詳しい人の口コミでは解凍があまり得意分野ではないとのこと、どうもこれは旧モデルから石窯ドームの弱点のようですね。
私は比較しようがないのでそんなに問題があるとも思わないのですが、他のブランドではもっとスムーズにいくのでしょう。
それを踏まえてもやはりオーブンの温度設定は魅力、個人的な目的には合ってる分満足度は高いです。

あえて言えば庫内の照明が薄暗くて見づらいこと、これも口コミで見かけますが実際そう思いました。
あと付属の角皿や深皿が慣れるまで使いづらい気がしました。
特に角皿は中心からやや傾斜がついているので真っ平らではないのですね。
平らに焼きたいものを焼くには不向きです。
当然焼いているものによっては傾いて焼けてしまうのであまり好きではないですね。
まあ個人的な使用目的次第なのでしょうが、プレーンな平らで良かったんじゃないでしょうか。
それでも総合点では合格だとは思いますが。
多くの口コミで見られる音に関しては私は気になりませんでした。

 

東京都 クロワッサンマニア

パンやお菓子の焼き上がりにこだわるならチェックしておきたい1台

最高350℃の効果はけっこうあるようですね。実際のところほんとうに350℃になるのは一瞬だったり、使用状況によってはそこまで上がらないこともあるのでしょうけどそれでも300℃を超える温度になるのは魅力です。

オーブン機能重視なら東芝の石窯ドームシリーズはチェックしておきたいものです。


パナソニック エレック NE-MS264の口コミ ケーズデンキでおすすめだった!


パナソニックのME-MS264。このシリーズはお手ごろ価格帯のオーブンレンジでの人気シリーズだと個人的に思っています。

センサーはスイングサーチ赤外線センサーを搭載。以前ヨドバシカメラで店員さんに話を聞いた際も1つ前のモデルNE-MS263は価格のわりにセンサー機能が優秀だと言う話が聞けました。

ボウルにパスタの材料を入れたら10分で1人分のパスタが作れる「パスタ10分メニュー」なども新たに搭載され便利さが高まっているようですが実際の使い心地はどうなのでしょうか。口コミをいただきましたのでご紹介します。

ケーズデンキさんお奨めの商品ME-MS264

電気屋さんで商品選び

10年以上使っていました炊飯器が、接触が悪くなった様で、途中で切れてしまったりしました。
古いこともあり、新しく購入しようとケーズデンキさんに行ってきました。
購入金額は40000円以下と制限しました。

店内を見ると、すごく高機能の電子レンジから、あまり有名でないメーカーのお手軽な電子レンジがありました。
メーカーは大手のものがいいと思ったので、シャープ、パナソニック、トウシバさんあたりを探しました。

それ程高機能のものはいらないなと思っていました。最初は物珍しくていろいろ挑戦すると思いますが、いずれは、温まればよい、焼ければよい、となると思っているからです。その中で、ポップでおすすめと書かれていたのが、今回のパナソニックのNE-MS264です。

わたしは電化製品は白色が好きなのですが、こちらはブラックとシルバーという少し大人チックなデザインでした。少々色が気に入らないなと思っていたのですが、おすすめ商品に弱いのでこちらの商品を候補としました。

他にもシャープの高機能オーブンも少し魅力に思っていたのですが、値段がお高い。結局パナソニック商品を30000円を切る価格で購入しました。

機能について

まず、気になっていた色については、全く問題なく、マッチしました。なんだかブラックの電化製品も引き締まっていいなとおもいました。
肝心の機能についてですが、全く問題なしです。
色々な機能がついていないので子供でも簡単に操作できました。
手動のレンジ温めは800・600・500・300・150Wから選択ができますので、商品の説明書き通りの設定温度で設定時間温めれば完璧でした。

わが家はご飯を一膳分朝温めますので、(主人のお弁当用)この時は設定温度を低くしてうまく温められています。
また、3~4膳分を温める場合には、75℃の設定にし温めていますが、どのお米も均等に温まっているので優秀だと思いました。
以前の電子レンジは、内側のご飯は温まっていない、という現象がありましたので、これはすごくうれしい出来事でした。

また、食べたいときにすぐ作れる煮物10分という機能と、手軽においしいパスタパスタ10分機能というものが売りなようなことが書いてありました。
こちらについては試したことはありませんが、材料を入れて電子レンジにかければどの電子レンジもできることだよなぁと思ったのは私だけでしょうか。

パスタについては、100均のパスタを電子レンジでゆでる容器にいれて電子レンジにかけましたが、とても美味しくゆであがりました。

以前の電子レンジでは、端っこがくっついてしまってゆでられていないことがたまにあったので、やはり最新の電子レンジはうまく出来るのだなと感心しました。

お弁当におパスタを入れたりしますので、電子レンジでパスタがうまく出来あがるとテンションが上がります。

 

また庫内は平らなので汚れても拭きやすくていいと思いました。
悪い点はあまりないのですが、使用した後にブーンという音がしばらく続くのが少々うるさくてわずらわしいかな、と思ったくらいです。

 

東京都 ゆきちゃん

やはりこの価格帯ではセンサーが優秀?

他のオーブンレンジも正確に比較しているわけではないので断言はできませんが、ご飯のあたためやパスタの茹で上がりの話を聞く限りではセンサーの機能がうまく働いていると思われます。

ある程度安いオーブンレンジがいいんだけど、あたための精度もある程度欲しいという人はチェックしてみてはどうでしょうか。


パナソニック NE-BS1400の口コミ ねらって加熱での同時調理に感動!


パナソニックのハイグレードモデルであるNE-BS1400。

グリル・スチーム・オーブン・レンジの4機能を備え、両面を裏返すことなく焼けたり、スチームトースト機能を備えていたり、様々な便利機能を備えています。

しかし、価格も高いので購入には悩むところです。

今回はNE-BS-1400を使ってみた感想をいただきましたので購入の参考にしていただきたいと思います。

高性能で大勢いても対応できる

夫婦、息子2人の4人家族ですが、息子二人が中高一貫のアメリカンフットボール部に所属しています。家族自体はそこまで多くありませんがとにかく食べます。また週末はアメフト部の友達や後輩も家に来ることが多いです。その時に食事を出してあげるのですが何人分も作るのはめんどくさいのでデパ地下で適当にから揚げとかハンバーグなど男の子が喜びそうなおかずに炊飯器で一杯お米を炊いて出してあげています。

なので大型でチンしても揚げ物などがべた付かないレンジが欲しかったです。また夫も会社を経営しておりホームパーティーをすることが多いのでお客さんの為に料理を作るときには電子レンジが大活躍します。

そのため大きさは30Lの上位機種を買いました。同じパナソニックの3つ星ビストロでも大容量がいらないなら5万円ぐらいの一個小さいサイズのを買うことをお勧めします。

まんべんなく温まる

肝心の性能の方ですが3つ星の名に恥じない高性能です。サイクロンウェーブ加熱なので全体的にまんべんなく温めてくれます。なので端っこだけが冷たいとかいう状態には陥りません。冷凍のたこ焼きとか本当はそれぞれのスペースを大きめに取らないといけないのですが、この電子レンジなら少しぐらい詰めて配置してもしっかりと温まります。

ねらって加熱で同時調理も可能

温めるだけではなく工夫次第でいろんな料理を作れます。例えばスピードスチーム機能を使えば小籠包とか餃子の調理が簡単です。温泉卵やゆで卵も作れます。また付属のビストロ用グリル皿を使えば魚や肉を焼くことも出来ます。

一番感動したのが「ねらって加熱」という機能なのですが、例えば冷凍したご飯とおかずを一緒に入れても温度によって違う温度で温めてくれます。なので一回の操作で2種類のメニューを作るなんてことも出来ます。本当にめんどくさい時は料理するときに電子レンジだけ使う日もあります。IHコンロを使わずに料理が出来ちゃうなんて思ってもいませんでした。

タッチパネルで簡単操作

タッチパネルなので操作がとても簡単です。画面の文字も見やすくて使いやすいです。ドアの開閉も静かでいきなりガックンとかならないので安全です。一方でタッチパネルなので料理していて手に脂が付くとその脂がタッチパネルにつきます。汚れは濡れティッシュなどで拭いたら取れます。

お手入れは?

掃除は簡単です。汚れが落ちやすい素材ですしそんなにデコボコしていないので掃除が楽です。基本的にキッチンペーパーで拭いてあげるぐらいで十分です。たまに丁寧に拭きとっていますが丁寧な掃除は2週間に1回ぐらいで十分です。

 

PanasonicSmartAppでスマホと連携していてレシピなんかを見れたりします。まあ正直そんなに使うことはありません。でも機能としてはとても画期的なものだと思います。パナソニックがスマート家電を意識しているのだなと言うのが伝わってきます。多分後10年もすればアプリ自体もっと使いやすくて便利なものになると思います。

家電の方ですがまあ10~12年は使えるかなという感じです。なので年に1万円でおいしい料理が簡単に作れると思うと結構お得な買い物だと思います。

大阪府 パイナップル

ハイグレードモデルだけあって高性能

タッチパネルをはじめ高性能な機能を備えていますね。とにかくオーブンレンジの機能を使い倒したいという人向けでしょうね。そこまで使用頻度が高くない人は下位モデルのほうがいいでしょう。

パイナップルさんがおっしゃっている機能以外にもレンジ・スチーム・ヒーターによるパンのあたため機能や芯までほぐせる解凍にも注目です。

オーブンレンジの寿命についてはなかなか難しいところですが、10~12年も持てば御の字ですね。

Panasonic NE-BS1400-RKを楽天市場でチェック

パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L ルージュブラック NE-BS1400-RKをアマゾンでチェック

パナソニック NE-BS1400をYAHOOでチェック