2017年人気売れ筋の電子レンジランキング!おすすめは?

2017年の売れ筋どころの電子レンジ、オーブンレンジをチェックしてみました。

人気の機種はどんな機能を備えているのでしょうか。

パナソニック エレック NE-MS263 26L

前モデルのNE-MS262も人気でしたが後継機種のNE-MS263も人気になっているようです。

機能はフラッグシップモデルに比べるとそれほどではありませんが人数に合わせて1~4人分が選べる「自動メニュー人数設定」が搭載されています。また、新たに地味に便利な「キッチンタイマーボタン」、煮物好きには助かる「煮物10分メニュー」が搭載されました。

自動ニュー数は40、説明書に掲載されているレシピ数は75となっています。

スチームは角皿式で過熱水蒸気も使えませんが、過熱水蒸気で調理をしたいという希望が無ければ価格もお手ごろでかえってこっちのほうがいいかもしれません。

設置に関しては背面ピッタリ設置が可能です。

価格もお手ごろで価格と性能の面でのバランスが良いので人気になっているのでしょうね。コスパ重視派は検討してみてもいいと思います。

Panasonic NE-MS263-Kを楽天市場でチェック

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS263-Kをアマゾンでチェック

パナソニック エレック NE-MS263をYAHOOでチェック

東芝 石窯ドーム ER-PD7 26L

東芝の石窯ドームシリーズも人気です。ER-PD7はミドル~ロークラスのオーブンレンジです。

庫内の上部がドーム状になっていてパンなのど焼き上がりがいいという触れ込みです。上位モデルは高温になりますが、このER-PD7は最大250℃と他のメーカーのオーブン機能と変わりません。また過熱水蒸気機能もありませんね。

しかし、トースト機能を搭載していて裏返しの手間は必要ですがトーストが焼けますし、3分,5分,8分のスピードメニューや角皿式ですがスチームで蒸し料理もできます。

口コミを見てみるとノンフライでの天ぷらがカリっと仕上がったとか解凍がちょうどよくできたとか評判も上々のようです。

価格帯も2万円台でパナソニックNE-MS263の対抗ともいえるかもしれません。

TOSHIBA ER-PD7(W)を楽天市場でチェック

東芝 簡易スチームオーブンレンジ 26L ブラックTOSHIBA 石窯ドーム ER-PD7-Kを楽天市場でチェック

東芝 石窯ドーム ER-PD7をYAHOOでチェック

日立 ヘルシーシェフ MRO-SS8 31L

日立のMRO-SS8もなかなかの人気です。

日立は他のメーカーと違って(他のメーカーは赤外線が多い)重量スキャナー+温度センサーを搭載しています。重量センサーは器の重量を考えないといけないというデメリットもありますが、オーブン使用後の庫内が熱い状態でもレンジ機能が使えるというメリットがあります。

重量センサーが3箇所にあるのでどのあたりに食品が置かれているのかわかるというメリットもあるようです。

また、温度も見張るので冷蔵と冷凍など温度の違う食品を2品同時にあたためることも可能なようですね。

また、100℃以上に高めたスチームで調理する過熱水蒸気の機能を搭載していて唐揚げやとんかつ、ハンバーグなどを脂を落としながら調理することが可能です。

お手入れの面ではスチームで汚れが落としやすくなったり、平面ヒーター構造で掃除がしやすかったりと配慮がされています。

設置は左右上部はスペースが必要ですが背面ピッタリ設置が可能です。

コスパは求めるけど過熱水蒸気の機能が欲しいという人はチェックしてみてはどうでしょうか。

HITACHI MRO-SS8(R)を楽天市場でチェック

日立 ヘルシーシェフ スチームオーブンレンジ ホワイト MRO-SS8 Wをアマゾンでチェック

日立 ヘルシーシェフ MRO-SS8をYAHOOでチェック

ミドル~ローエンドモデルが人気か

3台をピックアップしてみましたが3機種とも2万円台~3万円台の価格ということでミドル~ローエンドのモデルが人気なようです。

3台の中では日立のMRO-SS8が過熱水蒸気での調理が可能ですがそれでもフラッグシップモデルではありません。

他にも共通しているのは庫内がフラット、背面ぴったり設置が可能といったあたりでしょうか。

そこそこの価格でそこそこの機能・・・コストパフォーマンスに優れたモデルが市場のニーズといえるかもしれません。

2016年オーブンレンジおすすめランキング 人気のメーカーはどこ?

というわけで2016年人気になっているオーブンレンジをチェックしてみました。

人気のオーブンレンジメーカーはどこなのでしょうか。

1位 東芝 石窯ドーム ER-ND7

長い間人気になっているのがこちらの東芝石窯ドームER-ND7です。

正直、機能に関してはフラッグシップモデルには見劣りします。オーブンの最高温度は250℃(5分間)ですし、スチームは搭載しているもののタンク式ではなく角皿タイプで過熱水蒸気の機能もありません。

トースト機能は搭載で途中で裏返す必要がありますね。

ただ価格はお手ごろで、安いお店では2万円台で購入することができます。オーブン機能も特にこだわりが無ければこれで十分ともいえるかもしれません。

「過熱水蒸気が流行りだけどそれよりも予算を抑えたい」「パンを焼いたりお菓子を作ったりは頻繁にしないけどオーブン機能は一応欲しい」「予算を抑えつつそこそこの物を」といった人に合っていると思います。

一応石窯ドームなので庫内はアーチのついたドーム型になっています。

設置に関しては背面ぴったり設置が可能ですが左右と上方は空ける必要があります。

 

2位 パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS602

パナソニックの3つ星ビストロも人気です。

こちらもER-ND7よりは少し高いですが、お値段がお手ごろなミドルクラスのモデルです。特筆するべきほどの機能はありませんが、「ノンフライ」や「こんがり10分」といた焼き物、揚げ物のメニュがー搭載されています。

自動メニュー数はゆで葉野菜、手作りしゅうまい、鶏のからあげ、エビフライなど62、掲載レシピ数は85となっています。

口コミを見ると評価は高く、「使える便利な機能ばかり」「焼き魚がうまくできる」といった声がみられます。

ミドルクラスのオーブンレンジを探しているならチェックしておきたい一台です。

3位 シャープ ヘルシオ AX-XP200

シャープのヘルシオAX-XP200はこれまでの2機種とうってかわって高級モデルです。

過熱水蒸気の先駆けとなったシャープの面目躍如といったところでしょうか。

業界初という「まかせて調理」を搭載していて「ウォーターヒート技術」「赤外線ムーブセンサー」「温度センサー」という3つの技術を組み合わせることで、冷凍、冷蔵、常温の3つの食材が混ざっていても自動調理してくれます。なんともハイテクな機能です。

「こんなこと言ってても実際はたいして役に立たないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、意外に好評なようで、口コミでは「焼きそばが食感よくできた」「子供のお弁当づくりに便利だと思った」といったような声が聞かれます。

この他、上下2段で焼き料理と蒸し料理が同時に作れたり、カラータッチパネルを搭載していたいり、左右背面ぴったり置きができたりと高級モデルらしい機能がたくさん搭載されています。

また、庫内は横幅が広く、395mmとなっています(突起部を含まなければ410mm)ので魚を切らずに焼くことも可能です。

「オーブンレンジをとにかく便利に使いまくりたい!」という人は必見のモデルです。

 

ミドルクラスとハイスペックモデルがランクイン 用途を考えて購入しよう

ミドルクラスとハイスペックモデルが売れ筋となっているようです。

ハイスペックモデルにはいろんな便利な機能があるのでオーブンレンジを選びをしているとついつい買いたくなってしまうのですが、迷ったら普段本当にその機能を使うかどうかもう一度考えてみるといいかも。

「よく考えたらこの機能あんまり使わないよな・・・」なんてこともあるはず。そんなときはミドルクラスのオーブンレンジで十分かもしれません。

逆に普段からオーブンレンジを頻繁に使って料理をしている人は奮発してハイスペックモデルを買ってみるのもいいですね。

(旧版)2016年人気のオーブンレンジランキング!!おすすめは?

1位 東芝 石窯ドーム ER-ND7

人気になっているのは東芝の石窯ドームのER-ND7。

フラッグシップモデルではありませんがお手ごろな価格と性能で人気になっていると思われます。

オーブンの最高温度は250℃(5分間のみ)で、スチームは角皿タイプ、ぴったり設置も背面のみと機能面ではちょっと落ちるのですが手を出しやすい価格帯なのでスチーム機能や最高温度にこだわりが無ければ十分とも言えるでしょう。オーブンもたまにパンを焼いたりといった用途なら問題ないと思います。

トースト機能も搭載されていてカタログどおり5分で両面が焼けるという声も。

また、庫内が横に広いという声もありますが庫内の有効寸法は幅376mm、奥行320mm、高さ198mmとなっています。

逆にスチームあたためやスチーム解凍といった機能を活用したいならもう少し上位のモデルを選びたいところです。また、こちらの商品は過熱水蒸気ではなくスチームでの調理となっています。

石窯ドームと名が付くので一応庫内はドーム状になっています。オーブン機能は一応欲しいけど予算は抑えたい人向けだと思います。

2位 東芝 石窯ドーム ER-ND300

2位にも東芝の石窯ドームER-ND300です。

こちらは先ほどのER-ND7よりも上位のモデルとなります。

オーブンの最高温度は300℃(5分間)、センサーがスイングして食品の表面温度を検知してくれるスイング赤外線センサー、スチームはカセット式とパワーアップ。スチームでの全解凍やごはんとおかずの二品あたためにも対応しています。

もっと上位の機種はあるのですが過熱水蒸気の機能など充実しているのでこれより上の機種は必要ないと判断する人が多いのかもしれません。

価格と機能を考えればこれよりも上位の機種はよっぽど欲しい機能が無い限りは選ぶ必要が無いかも。

過熱水蒸気の機能が欲しい人に。

 

3位 日立 ヘルシーシェフ MRO-RS8

3位は日立のMRO-RS8です。

日立なので重量センサーを搭載しています。重量スキャナー+温度センサーという組み合わせなのですが、重量ならばオーブン使用直後の熱い庫内でも機能しますね。

過熱水蒸気での過熱が可能で給水はタンク式です。これより上位のモデルと比べるとオーブンの温度が50℃低い250℃(5分間)だったり、赤外線スキャナーが無かったりと当然機能が落ちるのですが、必要十分といった感じでしょうか。

日立のオーブンレンジの特徴として重量を測るといった点が挙げられますがこの点でちょっと戸惑う人もいるようです。うまく温めるには器の重さも考慮に入れる必要があります。これまでこのタイプのレンジを使ったことが無い人は慣れが必要かもしれません。

 

ミドルクラスが人気

というわけでオーブンレンジ3機種をチェックしてみましたが、全てミドルクラスのレンジです。

メーカーは次々に新しい機能を登場させていますが、ER-ND7に関しては下位よりですし、世の中の人たちは画期的な機能よりもそこそこ使えて安いものを求めているようです。

フラッグシップモデルは確かに魅力的な機能が多く搭載されているので欲しくなってしまいますが、そうした機能を活用するかと考えてみると・・・「そんなに使わない」なんてこともありますからね。多くの人はミドルクラスのオーブンレンジで十分ということでしょう。