東芝 石窯ドーム ER-PD3000の口コミ 温め解凍ともにまずまず


ちょっと古いですが東芝の石窯ドームER-PD3000についての口コミをいただきました。

最上位機種には負けますがオーブンの温度が最高300℃まで(約5分間のみ)上がり、パンやお菓子を焼くのに活躍してくれると思われます。

センサー機能としては8つ目赤外線センサーを搭載していますがあたための性能のほどはどうなのでしょうか。

温め性能、解凍機能におおむね満足

大学生、高校生の子供2人と夫婦2人の4人家族です。家族でご飯を同時に食べることが少なく、タイミングがバラバラなので電子レンジの温め機能をよく使います。温めるものは液体(水、牛乳、お茶、コーヒーなど)、ごはん、みそ汁、おかずなどの頻度が高いです。お菓子作りも好きなので、オーブン機能を使ってクッキーやケーキも焼きます。料理の下ごしらえで冷凍してあるお肉を解凍するのにもよく使います。

液体の温め

まず、液体の温め機能についてですが、自動モードではなく、タッチメニューキーの「牛乳」を押します。温度を低めにしたい時、高めにしたい時、それぞれ3段階で仕上がり具合の温度設定が可能です。熱湯にしたい時(インスタントコーヒーを1人分だけ作るのに水からお湯を作りたい時)、人肌程度に温めたい時(ぬるま湯を作りたい時)などの微調整ができるのが結構便利です。器の厚さによって温まり方が違います。ガラスの耐熱容器(厚いもの)だとやや温まるのに時間がかかります。

ごはん・おかずなど

ごはん、みそ汁、おかずなどは手動モードで温めることが多いです。手動調理キーの「レンジ お好み温度」を押し、「あたため/スタート」キーで時間設定をします。自動温めモードや違う料理を2品同時に温めるモードなどもありますが、使ったことはありません。色々な機能がついていますが、それほど使いこなしていないとも言えます。ごはん茶碗1杯なら40秒か50秒で温まります。2杯なら1分30秒~1分40秒ほどです。みそ汁は1杯あたり1分20秒か30秒位がちょうど良いと感じます。2杯なら2分20秒ほどがちょうど良い温度になります。

解凍機能

解凍機能ですが、私が使う時はささみや鶏肉の塊(1枚400gほど)に使うことが多いです。ひき肉や薄切り肉には使ったことがありません。ささみはバラ凍結のものを調理しやすい柔かさにするために使います。

解凍には3つのモードがありますが、私がいつも使うのは「お急ぎ解凍」モードです。他の調理をしながら行っていますので時間は測ったことがありませんが、結構時間がかかります。ですが、これまでの電子レンジにありがちだった、お肉が生煮えの状態になっている、ということがありません。中側はやや凍っている部分がありますが(しゃりしゃりした感じ)、外側はちょうど良い感じに解凍されているので、包丁がさくっと入ります。下ごしらえのために行うにはちょうど良いです。

オーブン機能

オーブン機能ですが、以前持っていた同じ石窯ドームのオーブンレンジに比べると今回購入したものの方が威力が弱い分、少し時間がかかるようになりました。特にクッキーは2段で焼くことが多いですが、160度で25分ほどかかります。途中12分か13分経った頃に一度扉を開けて、天板の上下左右を交換します。クッキーの場合は天板全面に載せて焼きますが、こうすることで焼きムラをほとんど感じることなく、全体的に同じような感じの焼き上がりにできます。ケーキに関しては、以前のものと遜色なく、同じ時間で同じような焼き色で焼けます。

庫内はフラットで出っ張りなどが無いので掃除がしやすいです。

 

滋賀県 ラブチョコ

オーブンを本格的に使うなら上位機種のほうがいいか

あたため・解凍ともに完璧ではないもののまずまず使い勝手はいいようですね。

オーブン機能ですが上位機種にくらべるとやや性能はおちてしまうところはありそうですね。ER-PD7000やER-PD5000は最大350℃(約5分間)まで上がるので本当にオーブンにこだわって使いたいなら上位機種のほうがいいかもしれません。

自動温めのセンサー機能もやはり上位機種のほうが高性能です。


パナソニック エレック NE-MS234の口コミ 安くオーブン機能が欲しい人に


パナソニックのエレックNE-MS234はオーブン機能を搭載しつつも価格を抑えたモデルです。オーブン機能を搭載した有名メーカーのレンジが欲しいという人は候補にはいるでしょうか。

機能は多くないものの、2~3人分の煮物が簡単に作れる「煮物10分メニュー」や家族の人数に合わせて選べる「自動メニュー人数設定」が特徴です。

今回はこのNE-MS234について口コミをいただきました。

全体的に無難な印象

使用環境

家族6人で使用しています。
基本的に温め・ワット数指定の温めで使用しています。
以前使っていた26Lサイズより小さめの23Lのサイズで小さくなりましたが家にある一番大きい皿が無理せず入ったので小さくしても不便はありません。

以前使っていたものよりも均一に温まる

以前は日立の7~8年前の製品を使っていました。以前は2回温めても全体が温まっているが表面は温まり過ぎている状態だったので、最初温めを使ったとき全体が均一に熱くなりすぎて驚きました。まだ使い始めて期間が短いので、見ながら様子を見ていないと、食品によって爆発を起こす時があります。必ずラップをした方が良いとおもいました。

温めの時の温度設定が普通と強いの2種類しかないので、弱い設定で使う時は注意が必要です。
すべてボタン操作なので、シンプルなデザインでダイアル式よりは操作のやり直しは少ないと思います。

上位モデルのオーブンレンジと比べると細かい設定が出来ない部分や自動メニューは少なくなっています。

ドアの開閉

ドアの開閉に関しては、中位モデルですが軽すぎることもなく問題なく使えます。閉まる時の音に関しては軽い感じはあります。

お手入れに関して

スチーム機能が付いているタイプではないので、お手入れ機能で汚れ落としの機能はありません、脱臭の機能は付いているので、匂いが強い食べ物や魚の温めをした時はドアを開けておくよりは効果があると思います。

汚れを落とす自動メニューは付いていないので、拭き掃除は定期的にしたほうが良いと思います。新しいと思い、庫内の汚れを気にせず飲物を温めた時、ベトベトしていて天井部分・左右の部分も思っていたより汚れている様な気がしました。さすがにキッチンペーパーのから拭きだけでは汚れは拭きとれません。水ぶきで掃除したほうが良いです。

以前のレンジより庫内のランプが明るく感じ中の状況がよく見えるようになっていいます。

操作ボタンについて

操作ボタンは、大きく分かれているので、高齢者や子供でもわかりやすいと思います。飲物の温めなど数量を指定する設定の温めは慣れるまで使いにくさを感じるところがあると思います。

ボタンがフラットなので押した感じが高齢者の方で分かりにくく強く押しすぎて故障しやすくなる恐れもあるかと思います。

液晶の数字は大きくなっているので見やすいと思います。
電子レンジは電源ボタンが無く、通常時数字の表示が消えているので、コンセントが入っていても電源が入っていないと勘違いする場合があるので本体のどこかの部分と説明書には大きく目につくところに表記してあると良いと思います。

価格・サイズはそこそこで良い。そして温めを中心に使う家庭の方に使いやすくおススメ出来る商品だと思います。
温めや使用した後の冷却のファンの動作音が少し大きく終了していない様に思い確認することが何度かありました。この点が少し気になりますが全体的に使いやすい電子レンジだとおもいます。
見た目がシンプルな分回転皿が回るタイプのレンジの様に見えるかもしれません。

 

福井県 のんた

手動であたためる・オーブンの設定をする人向け

いちおうセンサーを搭載していますが蒸気センサーなのでラップをしていると蒸気がうまく検知できず厳しそうですね。値段が値段なので自分であたため時間を設定して調整しながら温める人向けだと思います。

オーブン機能もたまに使うぐらいといった人向けでしょう。「安いレンジでいいけどやっぱりパナソニックブランドで無いと。」という人にはおすすめです。

やや残念なのは液晶部分にバックライトが搭載されいていないという点。暗いところだと見えないようです。


ふるさと納税で日立ヘルシーシェフMRO-SV3000がもらえる自治体は?


日立のヘルシーシェフMRO-SV3000はどこの自治体にふるさと納税をすると返礼品としてもらえるのかというと「茨城県日立市」です。

日立発祥の地であるので日立の家電製品は返礼品にふさわしい一品でしょう。なかなか厳しい状況の国産家電を支援したいという人にもぴったりのふるさと納税となりそうです。

日立市ってどんなところ?

日立製作所が有名な日立市ですがこの他にどんな名物や名所があるのでしょうか。

観光スポットだと「日立シビックセンター科学館」や「かみね公園」そして「烏帽子岩」といったあたりが注目の場所のようです。

特産品だとポポーという果実があり、返礼品としてもポポーを使ったワインが用意されています。また、海に面しているので海産物にも注目。あんこうやしらすといった水産関連の返礼品もみられます。

ふるなびではヘルシーシェフの他にもう1つ返礼品が選べる

ふるさと納税サイト「ふるなび」では日立市に寄付をすると返礼品としてヘルシーシェフがもらえるのですが、日立市の場合は11万円以上寄付をすると合計2品の返礼品がもらえるようになっています。

ヘルシーシェフを返礼品としてもらおうとすると27万円の寄付が必要となるのでヘルシーシェフの他にもう1つ返礼品をもらうことができます。海産物や地酒、アイスクリームやワインなど選択肢は様々。

詳しくは日立市のふるさと納税のページで確認してみてください。

返礼品で日立のレンジが選べるふるさと納税はこちら

控除上限額をもとにどのくらいの年収からお得なのか考える

寄付額の話が出たところでどういった条件でお得なのかも考えてみたいと思います。

ふるさと納税には控除上限額があってそれ以上は純粋な寄付となります。

MRO-SV3000の価格は?

まず、MRO-SV3000の価格ですが

  • 楽天市場・・・5万円弱
  • アマゾン・・・5万円弱
  • YAHOO・・・5万円弱

となっています。

寄付金額と控除上限額をチェック

寄付金額は先ほども書いたように27万円、MRO-SV3000の価格は5万円として計算すると・・・(自己負担額2000円もありますが)控除額22万円がお得なラインだと思われます。返礼品をもう1つ選べるのでそれを考慮しても21万5000円ぐらいでしょうか。

ふるさと納税控除上限額の目安

をもとにチェックすると、年収1200万円以上ならお得といった感じですね(高校生大学生の子供さんのいる家庭はまた変わってきます)。

ふるさと納税でお得にMRO-SV3000をもらうとなるとけっこうハードルが高そうです。

MRO-SV3000の魅力とは

このページにたどり着いた人はMRO-SV3000についてはもうよくわかっているかもしれませんが、魅力についても触れておきます。

日立のオーブンレンジの特徴はやっぱり重量センサーを搭載している点、3箇所で重さを測るトリプル重量スキャナーと赤外線スキャナーの組み合わせで、解凍ムラをなくしたり、ラップをしたままでもきちんとあたためるといったことが期待できます。

お手入れに配慮した機能も魅力。テーブルプレートは取り外して丸洗いできるので庫内を清潔に保ちやすくなっています。また、庫内にLEDが搭載されていたり、調理中の食材が見やすいように従来機種よりも窓が大きくなっているのも特徴です。