日立 MRO-RT5の口コミ 時短料理に必須アイテム!


飲み物、コンビニ弁当、トースト、冷凍ごはんの4種類のダイレクトキーや揚げ物調理、脱臭機能といったあたりが目に付くMRO-RT5。

容量18Lのモデルなのでそれほどスゴイ機能は搭載していませんが機能にこだわりの無い人にはいいかもしれません。

口コミをいただきましたのでご紹介します。

 お菓子作りに使わないなら便利!

以前から日立のオーブンレンジを使用していたため、引き続き2016年版のオーブンレンジを購入しました。
我が家は主人と私の2人暮らしのため、日々の食事を準備する際もあまり量を作らない時や食卓にもう一品加えたい時は電子レンジを活用しています。

こちらの日立のレンジは日頃よく使用する用途のボタンが独立しているため(牛乳あたため・トースト・煮物・解凍)、朝の忙しい時間にも手間がかからず助かっています。

他社のものと比較した際に、オート調理メニューが複数あり、何度もボタンを押して該当の番号に合わせないといけないものがあったため、一発でよく使用するメニューができるのは便利です。

 

また、ごちゃごちゃと物が増えがちなキッチン周りですが、こちらのオーブンレンジはトースターも兼ねているので電子レンジとトースターを2台置く必要がないのも決めての一つでした。
当該モデルは丸型の天板で回転することも使い勝手の良いポイントの一つです。オーブン料理をする際に火の通りムラが心配されますが、回転するのでムラを心配することなく使用できています。

ただ天板を超える大きさの耐熱容器を使うと回転せずにそのままオーブンがあたってしまうため、その点は注意が必要です。一人分のグラタン皿であれば十分に回転します。
我が家は毎朝トーストをするためにこちらのレンジを使用していますが、トーストを終えたあとに必ずといっていいほどパンくずが電子レンジ内に落ちてしまいます。ただ、こちらのレンジの天板やその下の回転する部分もすぐに取り外しができるため、パンくずが落ちてもさっと台ふきで拭くことができ、庫内の清掃も楽です。脱臭ボタンもあるので、臭いの強い料理に使用した後は定期的に脱臭をするようにしています。

 

 

一方、庫内の電気がつかないのがこのレンジの難点です。パンやケーキなど、焼き色を見て仕上がりを判断するものに関してはこのレンジはあまり向いていないように思います。一旦開けてしまうと電子レンジの特性上、一気に庫内の温度が落ちてしまうので、焼きムラができてしまったり、生焼けになってしまったりと調整が難しくなります。庫内の明かりをつけることができれば途中で開けずともレシピ通りに最後まで加熱ができると思うのですが、それができないのが残念です。

 

 

ただ、お惣菜のあたためやトースト、グラタン料理のようなオーブン機能など基本的な料理をする分には十分な機能を発揮してくれますし、オート調理メニューも20種類近くあって豊富なので製菓をあまりされないのであればとてもおすすめのレンジです。

 

福岡県 あーちゃん

価格と性能を考えれば十分か

オート調理メニューは20種類近くということで上位機種とは差がありますが、全てを電子レンジでまかなうのでなければこれぐらいでも問題ないかもしれませんね。

また、ターンテーブルを採用しています。「同クラスの容量で庫内フラットのものを使っていたけど温めにムラが・・・」という人はターンテーブルの電子レンジに戻ってみるのもいいかもしれません。

HITACHI MRO-RT5(W)を楽天市場でチェック

日立 オーブンレンジ 18L パールホワイトHITACHI MRO-RT5-Wをアマゾンでチェック

日立 MRO-RT5をYAHOOでチェック