オーブンレンジ設置時の隙間と設置寸法について考える

a0001_017593

電子レンジを選ぶときについつい調理の面にばかり気がいってしましがちです。やっぱり電子レンジを買う目的は「便利に調理をしたい」という人がほとんどでしょうから仕方の無いことなのですが設置スペースと隙間についても考える必要があります。

実際に設置する時になって、設置スペースや隙間を考えると「うまい具合に置けない!」

なんてことの無いように今回はオーブンレンジの設置時の隙間について考えてみたいと思います。

左右背面をぴったり設置できるモデルも

電化製品は大なり小なり熱を発しますから、製品の回りは数cmから10数cm離して設置するものですが、オーブンレンジの中にはぴったりくっつけて設置できるモデルも存在します。(もちろん左右背面上部ぜんぶぴったりは不可能ですが)

昔のオーブンレンジから買い替えるときに少し大きな容量に買い替えてもそのまま同じ場所に設置できる可能性もありそうですね。

各メーカーの設置に必要な隙間

ここで各メーカーの上位モデルの設置スペースをチェックしてみましょう・・・と思ったのですが、どうやら主要メーカーの上位モデルは条件が一緒のようですね。

シャープ、日立、パナソニック、東芝の各メーカーともハイスペックなモデルは上部を10cm以上空けるだけで左右背面ぴったり設置することが可能となっています。(2015年6月調べ)
(※ただし、壁や家具が熱に弱い素材の場合はきちんと隙間を空けるように注意書きがあります。)
断熱パネルを採用することなどでこうした設置法を実現しているようです。一昔前の電子レンジを使っていた世代からすると考えられない設置の仕方ですね(汗

ただしこのようにぴったり設置できるのはほんの一部のモデルに限られます。ミドルクラスのモデルになると背面はぴったり設置できても左右数cmの空間を空けることが必要になってきますので気をつけたいところです。

 

下位のモデルはぴったり設置などは考えられていないでしょうからきちんと隙間を取って設置したいですね。

本体の大きさはどうか

本体の大きさについても考えてみたいと思います。

容量30Lのオーブンレンジで各社の人気どころをチェックしてみました。

価格帯がアバウトなのは許してください・・・各メーカー1機種ずつしかピックアップしていないのであくまでも参考程度にどうぞ。

東芝のER-MD300 幅500x高さ388x奥行450(取っ手含む495)mm

シャープAX-XP100 幅490x高さ420x奥行き490mm

パナソニック NE-BS1100 幅494x高さ390x奥行435(ハンドルなどを入れると484mm)

日立 MRO-NS8 幅487x高さ365x奥行き456mm (30Lのモデルがなかったので日立だけ31L)

東芝は幅があるがその分高さが低い、パナソニックは全体的にコンパクトな感じ、シャープは幅が若干コンパクトな分高さがあるといった感じでしょうか。

機能の面で特に優劣を感じなければこうした面をチェックしてみるのもいいかもしれません。

オーブンでなんでもできちゃうから1台にして省スペース?

最近ではオーブンレンジの機能もどんどん多様化してきて、より便利になっていますが、1台にしてもいいのでしょうか?

例えば対流機能が充実したものならばコンベクションオーブンは別にいらないと思いますが、オーブントースターは別途用意したほうがいいというのが個人的な意見です。

どうもオーブンレンジはパンを焼くのはあんまり得意じゃないみたいで・・・

(そもそも最近のオーブンレンジはトースト機能が付いていないモデルもけっこう多いですが)

詳しくはオーブンレンジのトースト機能

ハイアール JM-FH18Eの口コミ

ハイアール JM-FH18E。ヘルツフリーの庫内フラットの電子レンジなようですがネット上で探しても販売されている店舗はみつかりません。

しかし今回、こちらの機種を実際に使用している方の感想をいただくことができましたので掲載しておきます。

普段の生活にちょうどいい

私がこの電子レンジを選び、購入した1番の理由はその値段(以前使っていたモノの約半額)、他の家具・家電とも馴染みやすいデザインであることでした。

 
3人家族でほぼ毎日あたため専用として使っています。
大きさも見た目もちょうどよく我が家にピッタリです。

 
あたための精度もとてもいいです。以前は国内メーカーのオーブン電子レンジ(使用歴7年)よりあたため時間も短いうえにあたためむらもほぼありません。
とにかくメニューボタンが少なくてシンプルで迷いがなく使えるところがいいです。普段ご飯やおかずのあたためがボタン一押しで済み、小学生の子どもも買ってすぐに使いこなせるようになり、とても助かっています。
また庫内がフラットなのでお皿を置いてもぐらつきがなく、あたため中に食べ物の汁などが飛び散っても、すぐに拭き取ることが出来るのでいつでも清潔な状態を保つことが出来ます。

 
最近テレビ番組で電子レンジで温野菜のステックの作り方を紹介をしていたので試しに作ってみたら、予想以上に簡単・美味しく出来て家族にも好評でした。

とくに人参のステックはその甘みがあってドレッシングなしで美味しく頂きました。以前の使っていたモノだったら「ゆで野菜モード」を使ってもあたためむら(生煮え)が多くて食べられなかったのに。これを機会に温野菜も手軽に取れるようなって良かったです。

温野菜ステック以外にも電子レンジを使ったレシピはたくさんあるようなのでこれからどんどんチャレンジしてきたいです。

 
今までは電化製品は国内メーカーがいいと思い込んでいましたが、この電子レンジを使ってから私の考えは変わりました。これは私の個人的に感じたことですが、国内メーカーも海外メーカーも品質の差はほとんどないと思います。

 
しいて悪い点をあげるならば、ドアの開け閉めの際ハンドルが少し重くて「バン」っという音を立ててしまうこと、あたための時の「ブーン」という電子音が以前に比べて大き目だなと感じました。最初はびっくりしましたが使い続けてから半年たった今ではその音ももう気になりません。

 

あと心配していた故障も今のところはありません。
以前、前のオーブン電子レンジ修理を依頼した際に修理担当に言われたのは「電子レンジは消耗品です。これはもう寿命ですよ」と言われました。
やっと見つけたお気に入りの電子レンジの寿命を1日でも長く(7年以上)使えるように大切に扱っていきたいです。

 

沖縄県 sinamom

庫内フラットの電子レンジを安く手に入れたいならありか

JM-FH18Eはネット上では見つかりませんがJM-FH18Dは販売されています。価格は一万円台前半。

ボタンの配置等は違いますが、基本性能に大きな違いはないと思うので庫内フラットレンジを安くという人は探してみるのもいいかもしれません。

電子レンジの買い時はいつか どんな時期が安いのかチェックしてみた

a1640_000168

電子レンジを買うにしてもやっぱり安く買いたいもの。

でも、実際に買うとなるといつ安くなるのかがわかりませんよね。そこで電子レンジの安くなる時期について調べてみました。

電子レンジの調子が悪いけどここまで持たせよう、いまは電子レンジが無くて不便だけど安い時期までちょっとぐらいなら我慢しよう。といった気になるかも。

主要機種の価格変動をチェック

というわけでデータとして人気機種の価格の変動をチェックしてみました。

データが必要なので新機種ではなく発売から1年以上経ったモデルが対象です。

(2015年9月調べ)

東芝 石窯ドーム ER-MD300 2014年7月発売

発売された2014年は年末へ向けてどんどん価格が下がっていき12月下旬にその年の最安値を記録しています。

2015年は波はありながらも徐々に値下がりしますが7月に入ったあたりから価格が上昇、4万円台前半だった価格が7月末から8月には5万円を越えています。その後はすこし下がりますがまた9月手前からまた上昇傾向です。

シャープ ヘルシオ AX-CA100-W 2014年8月発売

発売された当初は7万に迫る価格でしたが1ヶ月で最安値は4万ちょっとまで下落、その後5万手前まで上昇するもののだんだんと価格が下がって年内の最安値は12月半ば。

年が明けてから1月半ばまで価格は下がりその後多少の上昇はあるものの夏まで下落を続けます。

8月上旬に最安値となりますが半ばから3000円程度価格が上昇しています。

パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS651 2014年7月発売

発売当初は7万円半ばの価格。1ヶ月少々すると価格は4万円台前半に。

年内の最安値は11月末から12月1日。その後は上昇があり5万弱ほどになった時期も。

3月半ばぐらいから価格が下がり始め、6月上旬には4万円を切るものの再び価格が上昇。再び安くなりはじめるのは7月下旬。

8月下旬からやや価格が上昇。

一番安くなったのは6月上旬。

結局どの時期がお得なのか

3機種をチェックしてみましたが、それぞれに共通しているのは発売から11ヶ月目ぐらいが一番安値を付けているということです。

1年経って新機種が登場する手前に最安値をつける傾向にあるようです。

1年ぐらい経っていても電子レンジの機能なんて劇的に変わらないだろうから安いほうがいいという人はこのシーズンに購入するのがよいのではないでしょうか。

目当ての機種は何月に登場した機種なのかを調べておくよよいかもしれません。

新型が欲しい人はどうか

新型が欲しい人は発売から2~3ヶ月待ってから購入するとお得かもしれません。

どの家電もそうですが、発売当初は非常に高いですが2~3ヶ月すると急激に価格が下がります。新商品につられてぱっと買ってしまうよりも少し様子を見てから購入するとかなり価格が違うでしょう。その間に口コミ情報も得られるかもしれません。

もう少し待てるなら年末のボーナス商戦やお正月のセールを狙ってみるものありかも。