2015秋~冬 電子レンジ人気ランキング 売れ筋はこれだ! 気になる人気メーカーは?

食欲の秋、そして冬のあたたかい料理へ・・・

秋から冬に向けて電子レンジの購入を考えている人へ人気になっている電子レンジ、オーブンレンジの情報をお届けします。

※現在は新しいランキングを紹介しています、こちらを参考にどうぞ。

1位 東芝 石窯ドーム ER-MD7

発売から長らく人気になっているのがこちらの東芝石窯ドームER-MD7です。

東芝のフラッグシップモデルがオーブン使用時に最高温度が350℃にまで達しますがこちらの製品は最高250℃です。

温度に関しては劣りますがその分魅力的なのが価格。2万円台で手に入るので手が出しやすいのではないでしょうか。

液晶にバックライトが無い、自動温めがいまひとつといった声もあるようですがコストパフォーマンスは高いでしょう。

本格的にパンを焼いたりお菓子を作ったりしなければこれで十分だと思われます。

2位 パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS1200

2位はパナソニックの高級機がランクインです。

NE-BS1200は2015年のモデルです。ランキングにはだいたい値段が落ちて手ごろになったモデルが入ってくるのですが2015年モデルが入ってくるということはよっぽど評価されているのでしょう。

64眼センサーでムラを抑えた「芯までほぐせる解凍」が搭載されているので解凍が良いと評判です。あたため昨日もなかなかの評判ですね。

違う種類の食品も同時にあたためることができる「ねらって加熱」は忙しい朝の調理などに便利そうです。

トータルでは高いだけのことはあるといった評価ですね。

3位 東芝 石窯ドーム ER-MD300

3位にも東芝のレンジがランクインです。

ER-MD300はオーブンの最高温度は300℃とER-MD7よりもパワーアップ。フラッグシップモデルほどではありませんがオーブン機能が良さそうです。

口コミをチェックしてみるとパンを2段で焼いたり、お菓子を作ったりといった用途に関して上々の評価を得ています。

また、液晶がバックライトつき、ボタンがシンプルといった点も評価されています。操作面でもまずまずといったところでしょうか。

パンを焼いたりお菓子を作ったりしたいけどフラッグシップモデルほどの予算は用意できないという人はこうしたモデルを狙ってみるのもありでしょう。

まとめ

東芝のオーブンレンジが2台、パナソニックが1台という結果になりました。

コストパフォーマンスを求めるならばER-MD7。予算を抑えつつもオーブン機能を本格的に活用したいならばER-MD300。予算が潤沢に合って使いやすさを求めるならばNE-BS1200が良さそうです。

しかしフラッグシップモデルがここまでの人気になるとはパナソニックのブランド力を感じさせるけっけとなりました。