売れ筋の人気オーブンレンジランキング2015


2015年、売れ筋になっているオーブンレンジをピックアップしてみました。

各メーカー1機種ずつご紹介していきます。

※現在は新たにランキングを更新しましたのでトップページからそちらをご覧ください。

1位 東芝 石窯ドーム ER-MD7

人気になっているのは東芝のER-MD7。特筆すべきほど性能は高くありません。

オーブンの温度は250℃と最上位機種の350℃にくらべるとそれほどでもありませんし、スチームに関しては角皿式です。

ですが3万円もあれば余裕でおつりがくるというお手頃な価格で人気になっていると思われます。

スチームが角皿式なのでスチーム調理をメインで考えている人には物足りないかもしれませんが、あたためがメインならかえって角皿式のほうが、レンジの設計自体に無理が生じませんし、価格も安いので良い選択になると思います。

設置の際は左右、上方を開けなければいけませんが、背面はぴったり設置できるようになっています。このクラスのオーブンレンジとしてはなかなか優秀ではないでしょうか。

2位 3つ星 ビストロ NE-BS1100

パナソニックの製品はうってかわって高級モデルが人気です。

「64眼スピードセンサー」は温度を細かく測定して食品の分量や大きさを判断してあたためてくれます。細かい測定なので2品同時あたためもできるとメーカーは謳っていますね。メーカーのうたい文句をそのまま鵜呑みにはできませんが、従来よりもあたための精度は期待できそうですよ。

高級機なのでカラータッチ液晶を搭載していて見安くなっていますね、上位機種に限りませんが電気代の目安を表示してくれるのは節約主婦には地味にうれしい機能です。

最上位機種なので設置性の優秀で左右背面はぴったり設置OK。上方スペースは10cm開けるだけで設置ができます。

スマホとの連携機能も有していて検索したレシピから加熱の設定ができるのは使いようによっては便利ですね。

 

第3位 シャープ RE-S5C

3位はシャープのRE-S5Cです。

この機種はこれまで紹介した2機種と違ってこれといった機能を有していません。「とりあえず最低限オーブン機能は付けておきたいな」といった人向けでしょうね。

電子レンジを使うときは自分で時間を設定するといった人や1人暮らしには合っているでしょう。(コンビニ弁当をあたためるコンビニメニューなんて機能もあります。)

一応、冷凍ご飯のあたためやトースト機能、重量センサーを利用したサックリ解凍機能を搭載しています。

有名メーカー品+オーブン機能搭載といったことを考えるとかなり安い製品なのでコストを抑えたい人はチェックしてみるといいと思います。

性能はそれほどでもありませんが、コストパフォーマンスの面を考慮して購入している人が多いようです。

 


電子レンジメーカーの一覧 こんなメーカーが作っていた


a0001_014308

電子レンジといってもいろんなメーカーが作っていますよね。

基本的な機能は変わりがありませんが、細かい調理機能やお手入れ機能、価格に関してはそれぞれです。

そこで電子レンジはどんなメーカーが作っているのか紹介してみたいと思います。

 シャープ

オーブンレンジに過熱水蒸気を用いた調理を導入したことで有名ですね。ヘルシオシリーズはスチーム調理の定番のようになっています。

シャープではウォーターオーブンという呼び方を提唱しています。

いろいろな特許を持っているようで過熱水蒸気を用いた調理には一日の長があるのでこの点を重視する人はシャープのオーブンレンジは欠かさずチェックしておきたいところです。

パナソニック

白物家電の老舗として長年支持されていますね。メーカーに対する信頼感を理由に選ぶ人が多いのはこのメーカーな気がします。

シャープのように野心的な機能を盛り込むといったイメージはありませんが、無難にそこそここなせる機種を発売しているといったイメージです。

特にこだわりは無いけど有名メーカーのものでといった人にはいいかもしれません。

東芝

近年話題となっているのは石窯ドームですね。

パンやお菓子づくりに関して力を入れているようで、石窯ドームは他のオーブンレンジよりも温度が高くなるように設計されていたりとこだわりを感じます。(ただ、これを感じられるのは上位機種に限られてきますが。)

焼き上がりの質にもこだわるという人は一度チェックしてみてもいいでしょう。

日立

日立も最上位機種にはパン焼き用の付属品が付いてきたりして、パンの焼きあがりにこだわっているようです。

また、大手メーカーの中では珍しく、重量センサーを採用しています。重量センサーは庫内の熱に影響されないのでオーブンの使用直後でも使うことができます。ただ、他のメーカーは採用していないということを考えるとそれほど期待もしてはいけないとは思いますが。(重い容器を使うとうまく働かない・・・)

三菱電機

以前は三菱電機も大手メーカーだったようですが、近年は新製品が登場していません。

現在では購入できる機種が少なくなっています。一部では新製品を待ち望む声があるようですが・・・

これから電子レンジを買う人は他のメーカーに絞ったほうがいいでしょう。

ツインバード

余計な機能や宣伝費を削って価格に反映させたジェネリック家電のメーカーですね。

余分な機能が無い分価格がかなり安いので、初期投資を抑えたい人に人気になっています。

個人的にはお値段のわりにデザインもなかなかだと思います。

アイリスオーヤマ

こちらもジェネリック家電のメーカーといっていいでしょうか。

ツインバードと同じくシンプルな構成でお安くなっています。

特筆すべき性能でもデザインでもないですが安いです。

山善

山善からも電子レンジが発売されています。

他のジェネリック家電のメーカーと同じく特に当たり障りのないといった感じでしょうか。

エレクトロラックス

こちらは海外メーカーと言うことで、外見がちょっとおしゃれになっています。

値段はそれほど高くないので中身の性能に関しては過度な期待は禁物です(何十万もするような専門のオーブンは話が別ですが。)が、安いけどデザインはそれなりにといった人向けでしょう。

ハイアール

とにかく安いレンジをという人向けですね。中国メーカーと言うことで心配する人もいたりしますが価格はかなりの魅力です。

メーカーを気にしない人向けでしょうね。

まとめ

大手メーカーは各社こだわりがあるので料理を良くする人はそれにあった物を選ぶといろいろ楽しめると思います。

逆に安ければいいという人はツインバードやアイリスオーヤマの製品で十分でしょう。

安くてデザイン性を求めるならツインバードがなかなかいいように思います。ただ、デザインは良いといっても安いので性能はそれなりです。

とにかく安ければいいという人にはハイアールですが・・・うーん信頼性の面ではどうだろうかといった感じです。