電子レンジ オーブンレンジの選び方 機能や容量などポイントをチェック!

スポンサードリンク

2

電子レンジをはじめて購入するという人や、ひさしぶりに買い替える人は、何を基準に電子レンジを選んでいいのかいまいちピンときませんよね。

今回は電子レンジのどんな点に注目して選んでいったらいいのかを考えてみました。

電子レンジとオーブンレンジとその他機能

a1180_010302

電子レンジにはマイクロ波を使って食品を温めたり解凍したりする機能だけのものとオーブン機能など多彩な機能を備えたものがあります。

当然電子レンジだけの単機能のものはお値段が安くなるので一人暮らしの人やあまり凝った料理をしない人はこうした機種にすると導入コストを安く抑えることができます。

逆に家族で生活している人や、いろんな料理をしたり、お菓子作りに挑戦したい、といった人はオーブン機能を備えたレンジがいいでしょう。いわゆる「オーブンレンジ」といわれるものですね。

また後述しますが、スチームオーブンレンジといって水蒸気を使って調理するタイプもあります。

電子レンジ、オーブンレンジ、スチームオーブンレンジの三種類
大きく分けて

・レンジ機能だけの単機能レンジ

・ヒーターを使った調理もできるオーブンレンジ

・スチームを噴射して調理するスチームオーブンレンジ

の3種類があります。

オーブン機能意外にもいろんな機能を備えたものが!

オーブン以外にもいろんな機能を備えたレンジがありますのでオーブンの機能も含めてご紹介します。

  • オーブン機能
    ヒーターの熱によって加熱して焼く方法です。温度設定ができます。
    オーブンにも方式があってヒーターの熱をファンで循環させる「強制循環式」と上下のヒーターで過熱する「上下ヒーター式」があります。
  • グリル機能
    ヒーターの熱で直接焼きます。オーブン機能のついているレンジにはたいてい付いている機能です。オーブンは温度設定ができますが、グリルは高温で一気に焼き上げるので焼き魚など焦げ目をつける料理に向いています。
  • トースト機能
    名前の通りトーストを焼く機能です。ただ、オーブントースターとくらべて時間や電気代がかかったり、おいしく焼けないケースがあるようです。オーブントースターがあるならそちらに任せたほうがよさそうです。

注目のスチームオーブンレンジ と 過熱水蒸気を使ったシャープのウォーターオーブン

スチームオーブンはスチームが噴射されるレンジですが、特別なでも注目なのがシャープのヘルシオが導入したことで一躍話題となった加熱水蒸気で焼く機能です。動画はありましたのでそちらも参考にご覧ください。

100℃以上に加熱した水蒸気を過熱水蒸気というようなのですが、この過熱水蒸気を使って食品を加熱することで、水分を逃さずジューシーに焼くことができます。

さらに、余分な塩分や油も落とすことができるのでヘルシーさを求めている人注目の機能です。

ちなみに広義では加熱水蒸気で調理するオーブンもスチームオーブンですが、シャープはウォーターオーブンという呼び方を提唱しているようです。

スチームオーブン、その中でもウォーターオーブンに注目
スチームを使って調理するオーブンをスチームオーブンといいますが、その中でも加熱水蒸気を使って調理をするウォーターオーブンはよりおいしく調理できると評判です。

※スチームオーブンは給水のタイプが2つあり、給水タンクが付いている物と角皿に水をはるものがあります。角皿のほうはオーブン調理時しか使えませんので注意しましょう。しっかり機能を使いたいなら給水タンクのタイプを選びたいところです。

容量はどうやって選ぶ?

a1180_012941

 

電子レンジの庫内容量はリットルで表されます。

容量の目安としては

  • 一人暮らし 20L以下
  • 二人暮らし 20L~25L
  • 3~4人   26L~29L
  • それ以上  30L以上

とされています。

家族が多いほど料理が多くなるので当然大きな容量が必要となってきますね。

また、ターンテーブルで付いているタイプと庫内がフラットになっているタイプがあります。フラットタイプのほうが使いやすいのでそうした面から選ぶ方法もありますね。

オーブン機能を重視する場合は天板を入れた際の高さは十分かどうか、2段にして調理してができるかどうかなどもチェックするとよさそうです。

電子レンジの出力について

電子レンジで食品を温める際はレンジの出力によって時間がかわってきます。

出力はW(ワット)で表示されていて、みなさんもよく見たことがあると思います。

低価格の物だと500Wぐらいの製品が多いようですが、高級モデルだと1000Wの商品が多数あります。

この数字が高いほど加熱時間が短くて済みますので覚えておきましょう。

電子レンジのセンサー機能

a1180_007338

電子レンジでも上位モデルになると各種センサーが搭載されています。

どんなセンサーがあるのか見てみましょう。

赤外線センサー

赤外線で食品の表面温度を調べ、それをもとに加熱を調整してくれます。

オーブンを使用した直後は全体が熱くなっているので機能しないという弱点があります。

上位機種は主にこのセンサーを搭載しています。

重量センサー

ターンテーブルに載せた食品の重さをもとに加熱をしてくれます。

食品と容器の重さの合計で判断するので重い容器を使うと加熱をしすぎてしまうのが弱点です。

蒸気センサー

食品から出る蒸気をチェックして、それをもとに過熱をしてくれます。

ラップなどを食品にかぶせた状態だと感知ができないのが弱点です。

また、容器の口が広い場合などは蒸気を検知しすぎて温め不足が発生する場合もあるようです。

温度センサー

庫内の温度をチェックして加熱をします。オーブンを使用するときに使用されるセンサーです。

 

といった感じでいろんなセンサーがありますが、やはり注目は赤外線センサーです。

同じ赤外線センサーでもセンサーの数が違ったり重量と合わせて計算した上であたためたりと、各社で工夫がこらされています。

ワンタッチでお手軽に温めたいならこのセンサー機能に注目です。

オート調理メニューをチェックしよう

a0002_006305

電子レンジは安いものだとオートメニューなんてほとんどありませんが、上位機種になるほどメニューが豊富になる傾向があります。

冷凍ごはん、牛乳あたりはよく見かけますが、てんぷらやスープパスタ、スポンジケーキ、スペアリブなど多種多様です。

電子レンジによるお手軽調理をしてみたいという人はこうした機能もチェックしてみるといいかもしれません。

ただしまったく使う気が無いなら無用の長物となってしまいます。買ったはいいがオート調理はぜんぜん使わないという人もけっこういるのでよーく考えて購入しましょう。

操作パネルの使いやすさはどうか

3

機能ばかりに目がいきがちですが、操作のしやすさも忘れてはいけません。

昔からある操作ボタンの他にダイヤル式やタッチパネルといった機種も登場しています。

ダイヤル式は一見ハイテクそうに見えるかもしれませんが、回してメニューを決定、さらに回して決定・・・と人によっては面倒に感じることがあるかもしれません。(古くなってくるとダイヤルでの選択がしにくくなったなんて機種もあるので注意したいところです。)

また、タッチパネルとボタン式でも個人で使い心地は違うので自分にあったタイプを選びたいですね。

お手入れのしやすさをチェックしよう

これも忘れがちですがお手入れのしやすさというのもチェック項目のひとつですね。

食品を扱う物ですからとくに庫内はきれいにしたいものですよね。

  • 凸凹は少ないかどうか
  • 壁面は汚れが落ちやすい素材が使われているかどうか
  • スチームのタンクは掃除がしやすいかどうか(スチームオーブンの場合)

こうした点はチェックしておきましょう。

ふき掃除がしやすいように庫内にコーティングを施したモデルや脱臭機能を備えたモデルがあります。

寸法と設置場所をチェックしよう

せっかく電子レンジを購入してもいざ設置の際にスペースが足りない・・・なんてことになってはもともこもありません。

きちんとスペースを把握した上で購入をしましょう。

寸法

電子レンジは本体が熱くなるので前後左右にスペースをとることが必要です。

スペースに余裕がある場合はそれほど気にする必要がは無いかもしれませんが、ぎりぎりのスペースに置く場合は注意をしましょう。(カタログを見ると上方を○cm以上、左右を○cm以上あけてくださいなどと支持があります。)

上部廃熱になっていて左右と後ろにスペースが無くても大丈夫なモデルも登場しています。

扉の形状と左右開き

電子レンジの扉には、前に倒して開ける縦開きと、左右に開くヨコ開きがあります。

ヨコ開きはキッチンでの動線を考えて選びたいですね。

縦開きは左右は気にする必要がありませんが、高いところに置くと出し入れがしにくいですし、オーブンの前のスペースを確保する必要がありますね。

コンセント

電子レンジは家電のなかでもトップクラスの消費電力なので、できれば延長コードなどを使わずに直接コンセントに挿して使いたいところです。

延長コードを使いたいときは専門店で相談したほうがいいかもしれません。

自分の用途を見極めて製品を決めよう

a0002_006309

ここまでいろんな方面から電子レンジについて考えてみましたが、いくら高性能な電子レンジを購入しても、機能を使わないのであれば全く意味がありません。

高性能なセンサーがあってもどんなに便利な調理メニューがあったとしても、レトルト食品やコンビに弁当しか食べない人にとってはなんの意味もありませんよね。

いろんな機能に目移りしてしまいますが、今一度普段の食生活をふりかえって、電子レンジのどんな機能が一番必要なのか考えてみましょう。

こうすることで電子レンジの導入コストを抑えることができるかもしれませんよ。

普段の料理を振り返るのも大切
どんなに高性能でも使わなければ宝の持ち腐れです。本当に使う機能を見極めて電子レンジを選びましょう。
スポンサードリンク
2015年4月10日 電子レンジ オーブンレンジの選び方 機能や容量などポイントをチェック! はコメントを受け付けていません。 電子レンジの選び方