電子レンジの起源や仕組みは・・・?実は軍事目的だった?

スポンサードリンク

1

電子レンジのことを英語ではMicrowave Ovenと呼ぶそうです。

マイクロウェーブという名の通り電子レンジはマイクロ波で食品を加熱する電化製品です。

マイクロ波を使うということで電化製品としては比較的歴史の浅い製品となります。

食品加熱の仕組み

食品には水分が含まれていますが、これが加熱のポイントとなります。

電子レンジから発せられるマイクロ波は食品の中に入り、そこに含まれている水の分子と共鳴して回転させる性質をもっています。

この回転によって水の分子どうしがこすれあって摩擦熱が発生。摩擦熱で食品を温めているというわけです。

周波数2450MHzのマイクロ波で1秒間に24億5000万回も分子がこすれあっているので食品を加熱するのに十分な熱になるようですね。

ちなみにこうした加熱の仕方を「誘電加熱」というそうです。

マイクロ波はどうやって発生させているの?

気になるマイクロ波の発生方法ですが、電子レンジに使用されているマグネトロン(真空管の一種で高周波電磁波を発生させることができるらしい)という部品が担っています。

この部品が高電圧と磁力を利用することでマイクロ波を発生させています。

内部から熱を発生させるので効率がいい

電子レンジの加熱方法は大きなメリットをもっています。

それは内部から加熱することができるのでヒーターなどの外から加熱する調理器具にくらべて短時間で効率的に加熱することができます。(外から加熱していたら内部まで熱が伝わるのに時間がかかりますからね。)

軍事技術がきっかけで開発された?

a0960_001266

みなさんはレーダーを知っていますよね。戦時中は敵の飛行機などを発見するために、戦後は漁業や気象用に使われています。

電子レンジは実はレーダー開発の副産物として生まれたものです。

1945年にアメリカでレーダーの実験中に偶然にマイクロ波による急速な加熱現象が発見されたようです。これを調理用に応用して開発されたのが電子レンジです。

マイクロ波を加熱に利用するということはレーダー開発のなかでたまたま発見されたもので当初は調理に使うという発想は無かったんですね。

ちなみに最初に発売された製品はあまりにも大きすぎて180cm、重さも340kgもあったのだとか。今からは想像もつかない大きさですね。

のちにいろいろと技術が進んだことにより小型化に成功し今のような大きさの電子レンジになっていったようです。

このように軍事技術が民間に転用された例はインターネットや、GPSなど多数あります。

スポンサードリンク
2015年4月7日 電子レンジの起源や仕組みは・・・?実は軍事目的だった? はコメントを受け付けていません。 電子レンジコラム