東芝ER-LD10の口コミ情報

スポンサードリンク

東芝のER-LD10は2013年のモデルなのでお店では手に入りにくくなっていますが、型落ちで安く売られているならば候補に入れても良いかもしれません。

過熱水蒸気の機能は備えていますし、背面ぴったりの設置も魅力です。

今日はこのER-LD10の使用感想をいただきましたのでご紹介します。

あたためや解凍にはちょっと工夫が必要

私の家庭にある電子レンジはTOUSIBAのER-LD10です。
家族三人で使用しています。
私はパンを作るのが好きなので、家電コーナーでいろいろ見た中で、パンがムラなく焼けそうだったので選びました。
また、全体が白いデザインで、電子レンジを開けるとレースのコースターをイメージさせる、印があります。(そこに、温めるものを置くと均等に熱が行き渡ります。)
それらのデザインも気に入って買いました。

私は電気代節約のため、ご飯を多めに炊いて冷凍します。
その、ご飯の解凍ですが、二個一緒にやるとムラができてしまいます。
おかずも二個いっぺんにやる時は途中で開けたりしてかき混ぜたりします。
そのため、おもに一個ずつレンジにかけています。
冷凍室から出したばかりの、カンカンに冷えているタッパに入ったご飯は4分くらいレンジにかけると、まんべんなく暖かくなります。
私は家族三人で使うため、中位のサイズの電子レンジを選びました。
ひとつひとつやると、かなり時間がかかってしまうので、家族が多い方は一番大きいのが良いかもしれません。

タッチパネルの操作も簡単です。
パンを焼きたい時は、そのパンに合った温度と時間が自分で設定しなくても、電子レンジに設定されていて、いいです。
焼きが足りない時でも、延長する機能があるります。
タッチパネルの数字を1から、設定しなおさなくて良いので楽です。
ただし、二回目の延長はできないので、更に焼きたい場合は操作しなければなりません。
何回も延長できると、かなり手間が省けて、もっと良いと思うんですが…。
小さいパンは1つの鉄板に4個載せると、焼きムラが無くなります。
私は多めに作ってしますので、1つの鉄板に6〜9個載せるとうまく焼けません。
また、食パンなどの大きいパンを挑戦するんですが、パン機能に大きいパンの設定が無いので、オーブン機能で温度と時間の設定をします。
ただし、生焼けになってしまいます。
大きいパンには向いていません。
1番大きいサイズの電子レンジを買えば良かったかなと思ってしまいます。

一番気になる欠点が電子レンジの扉に付いている突起物です。
突起物が扉を閉める事によって、安全装置が感知され、作動するようになっているんですが、その突起物にお皿を当ててしまい、突起物を折ってしまいました。
現在、瞬間接着剤で付けて使っています。
後日、電気屋さんで見ましたら、現在の電子レンジはそういう構造になっていて、今後、改良して欲しいと思います。

 

東京都 まりん

どれもそこそこ

まりんさんから感想をいただきましたが、機能としてはどれもそこそこといったところでしょうか。

パンを焼くにしても最高温度は250℃、解凍やあたためもそれなりのようです。印象としては特にへんてつも無いミドルクラスのモデルといった感じです。

オーブンでの調理に特別こだわりのある人はもっと上位のモデルを検討したほうがよさそうです。逆にこだわりの無い人は当機種が在庫処分品として安く出回っていれば検討の価値ありだと思います。
東芝 電子レンジ/オーブンレンジ 石窯ドーム ER-LD10の詳細を楽天市場でチェック

東芝 ER-LD10をYAHOOでチェック

スポンサードリンク